株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「工作機械」が29位にランク、受注は回復基調強め再評価余地<注目テーマ>  7月12日12時21分

★人気テーマ・ベスト10

1 パワー半導体
2 2021年のIPO
3 脱炭素
4 半導体
5 再生可能エネルギー
6 半導体製造装置
7 グローバルニッチ
8 旅行
9 水害対策
10 TOPIXコア30

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「工作機械」が29位となっている。

 足もとで工作機械受注が回復基調を強めている。日本工作機械工業会(日工会)が発表した5月の工作機械受注は受注総額が前年同月比2.4倍の1239億円と急回復している。米国や中国向けを中心に需要が伸びており、同受注は好不況の目安とされる1000億円を4カ月連続で上回っている。工作機械受注は回復傾向を強め、この好況状態は当面は続くと予想されている。ツガミ<6101.T>やオークマ<6103.T>、牧野フライス製作所<6135.T>、DMG森精機<6141.T>などに加え、OKK<6205.T>やTHK<6481.T>、それにファナック<6954.T>やハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.T>などに注目したい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ファナックは1400円超の急反発、5月機械受注好調で買い戻し加速
午前:債券サマリー 先物は続落、長期金利0.025%で横ばい
東京株式(前引け)=急反発、米株高受け600円超の上昇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »