株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

クリエイトS大幅高、22年5月期の良好な業績見通し好感  7月13日14時33分

 クリエイトSDホールディングス<3148.T>が大幅高。12日の取引終了後、22年5月期の連結業績予想について、売上高3526億円、営業利益193億8000万円と発表した。今期から「収益認識に関する会計基準」を適用するため単純比較はできないものの、売上高、営業利益ともに前期に引き続き過去最高を更新する見通しとなったことが好感されているようだ。

 今期は、調剤併設型ドラッグストアを中心とした出店を継続するとともに、調剤薬局の併設加速化や品揃えの見直しなど既存店の改装に注力する。また、ポイントシステムの刷新やスマホアプリを活用したマーケティング施策の実施をはじめ、オンライン服薬指導への対応を進めるなどデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にも積極的に取り組んでいく。

 なお、同時に発表した21年5月期決算は、売上高3384億7600万円(前の期比5.9%増)、営業利益186億2900万円(同4.7%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ズームが3日続伸し上場来高値、円安追い風で増額期待も
きょくとうが後場急上昇、事業効率化効果で第1四半期営業利益32%増
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位にコラントッテ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »