株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日ぶりに反落、ファナックが1銘柄で約17円分押し下げ  7月14日12時37分

14日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり87銘柄、値下がり133銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は3日ぶりに反落。59.12円安の28659.12円(出来高概算4億7833万株)で前場の取引を終えている。

13日の米株式市場でのNYダウは107.39ドル安(-0.31%)と3日ぶりに反落。6月の消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことでインフレ高進への警戒感から寄り付き直後から軟調。史上最高値付近からの利益確定売りが目立ったほか、787ドリームライナー機の納入見通しを引き下げたボーイングの大幅下落も重しとなった。また、長期金利は依然低位圏にあるとはいえ1.4%台まで上昇したことでハイテク株も売りに押され、ナスダック総合指数も0.38%安と下落した。こうした米株安を受けて本日の日経平均は200.93円安の28517.31円でスタートしたが、寄り付き直後から下げ渋ると急速に切り返すと、じりじりと下げ幅を縮小し、28696.80円(前日比-21.44円)まで戻す場面が見られた。しかし、買い戻しも一巡するとその後はこう着感が強い動きが続いた。

個別では、決算を手掛かりとした物色が多い。ポジティブ視されたところでは東宝<9602>、MORESCO<5018>などが急伸し、E・Jホールディングス<2153>は値上がり率上位にランクイン。イズミ<8273>、松屋<8237>、ラクト・ジャパン<3139>、ライトオン<7445>なども大幅に上昇した。一方、対照的に決算が売りにつながったところでは、Gunosy<6047>が急落して値下がり率上位となっているほか、フィルカンパニー<3267>なども大幅に下落している。4-6月期の営業利益は前年同期比1割増の130億円弱だったとの観測報道が伝わったオービック<4684>は朝方買いが先行したものの、勢いは続かず、上げ幅は限定的となっている。

売買代金上位では、富士フイルム<4901>、日立<6501>、JAL<9201>、富士通<6702>、ファナック<6954>、安川電機<6506>、レノバ<9519>などが大きく下落しているほか、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、信越化<4063>なども軟調。一方、タマホーム<1419>が連日の急伸劇となっているほか、レーザーテック<6920>、ルネサス<6723>、武田薬<4502>、村田製<6981>、SUMCO<3436>、Zホールディングス<4689>などが大きく上昇、任天堂<7974>、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>、東エレク<8035>なども堅調となっている。

セクター別ではゴム製品、空運業、鉄鋼などが下落率上位に並んでいる一方、建設業、その他金融業、電気・ガス業などが上昇率上位に並んでいる。東証1部の値下がり銘柄は全体の45%、値上がり銘柄は47%となっている。

値下がり寄与トップはファナック<6954>となり1銘柄で日経平均を約17円押し下げた。同2位はファーストリテ<9983>となり、富士フイルム<4901>、テルモ<4543>、資生堂<4911>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約7円押し上げた。同2位はKDDI<9433>となり、リクルートHD<6098>、太陽誘電<6976>、ダイキン<6367>がつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  28659.12(-59.12)

値上がり銘柄数  87(寄与度+86.29)
値下がり銘柄数 133(寄与度-145.41)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     7669           34 +7.35
<9433> KDDI           3539           24 +5.19
<6098> リクルートHD      5682           47 +5.08
<6976> 太陽誘電         5630           120 +4.32
<6367> ダイキン        22260           90 +3.24
<6762> TDK           13740           90 +3.24
<6971> 京セラ          6960           44 +3.17
<4578> 大塚HD          4572           85 +3.06
<8697> JPX          2651           82 +2.95
<8035> 東エレク        46470           70 +2.52
<4502> 武田           3793           68 +2.45
<4704> トレンド         5890           60 +2.16
<6988> 日東電          8370           60 +2.16
<4503> アステラス薬      1932           10 +1.80
<7203> トヨタ          9915           50 +1.80
<7951> ヤマハ          6150           50 +1.80
<9613> NTTデータ        1773           10 +1.80
<9602> 東宝           5040           485 +1.75
<9064> ヤマトHD         3365           45 +1.62
<7751> キヤノン       2572.5          27.5 +1.49

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<6954> ファナック       27600          -475 -17.11
<9983> ファーストリテ    80380          -460 -16.57
<4901> 富士フイルム      8059          -291 -10.48
<4543> テルモ          4354           -55 -7.92
<4911> 資生堂          7864          -209 -7.53
<5108> ブリヂストン      4832          -156 -5.62
<4063> 信越化         18180          -150 -5.40
<2413> エムスリー       7664           -56 -4.84
<6506> 安川電          5580          -120 -4.32
<6645> オムロン         9370          -120 -4.32
<6902> デンソー         7452          -119 -4.29
<8015> 豊通商          5230          -110 -3.96
<4519> 中外薬          4225           -31 -3.35
<7269> スズキ          4657           -91 -3.28
<4523> エーザイ        10690           -90 -3.24
<6724> エプソン         1992           -28 -2.02
<4568> 第一三共         2321         -18.5 -2.00
<8830> 住友不          3835           -54 -1.94
<2802> 味の素          2896         -46.5 -1.67
<3382> 7&iHD           5108           -44 -1.58



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »