株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「中古車」が10位、需給引き締まり継続で好業績も追い風に<注目テーマ>  7月14日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 パワー半導体
2 2021年のIPO
3 再生可能エネルギー
4 脱炭素
5 半導体
6 半導体製造装置
7 太陽光発電関連
8 旅行
9 グローバルニッチ
10 中古車

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「中古車」が10位となっている。

 世界的に中古車市場の好調が続いている。13日に発表された6月の米消費者物価指数は前年同月比5.4%上昇と市場予想を上回る高水準となったが、なかでも中古車の価格上昇が際立った。経済正常化に伴い自動車需要が回復に向かう一方、半導体不足の影響により新車の生産ペースが鈍っており、この2つの要因が重なったことが中古車需要の拡大に拍車をかけている。

 国内でも中古車への引き合いは強まっている。中古車オークション運営最大手ユー・エス・エス<4732.T>が発表した6月のオークションデータでは、出品台数は前年同月比21%増と大幅なプラス、成約車両単価も2割近い伸びで13カ月連続のプラスとなった。関連銘柄の業績も好調で、USSは今3月期に営業最高益を見込むほか、中古車販売大手のネクステージ<3186.T>は通期2ケタ増収・営業増益でともに過去最高を更新する見通し。「ガリバー」ブランドで知られる中古車買取り最大手IDOM<7599.T>も07年2月期以来となる営業最高益を予想している。

 今後も中古車市場の需給は引き締まった状況が続くとみられ、関連銘柄に改めて注目してみたい。前述した銘柄に加え、ケーユーホールディングス<9856.T>、オークネット<3964.T>、カーチスホールディングス<7602.T>、アップルインターナショナル<2788.T>など。また、中古車サイト運営のプロトコーポレーション<4298.T>のほか、ファブリカコミュニケーションズ<4193.T>、システム・ロケーション<2480.T>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー 先物は小幅反落、売り買い交錯で方向感欠く
東京株式(前引け)=反落、米株安受け売り先行も下げ渋る展開
<動意株・14日>(前引け)=トヨクモ、テスHD、Enjin


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »