株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 多木化学、東宝、タマホームなど  7月15日07時15分

銘柄名<コード>14日終値⇒前日比
アクシージア<4936> 1561 +55
14日から貸借銘柄に選定される。

イーソル<4420> 1161 +105
自動運転ソフトウェア開発するティアフォーと戦略的パートナーシップを締結。

スタジオアタオ<3550> 440 -30
第1四半期営業利益は前年同期比76.4%減。

松屋<8237> 1058 +62
第1四半期の営業赤字幅は前年同期比では縮小。

ERIホールディングス<6083> 762+100
今期の業績急回復見通しがサプライズに。

多木化学<4025> 6210 +530
バカマツタケ研究栽培設備の増設を引き続き材料視。

E・Jホールディングス<2153> 1259 +158
順調決算に加えて増配や中長期計画も好材料視。

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699> 3435 +435
長いもみ合いからの上放れに追随買いが活発化。

東宝<9602> 5060 +505
第1四半期大幅増益決算を高評価。

パルグループホールディングス<2726> 1861 +132
第1四半期は想定以上の収益改善に。

MORESCO<5018> 1188 +86
第1四半期大幅増益決算を材料視。

タマホーム<1419> 2988 +240
13日に続いて好業績評価の動きが継続。

PR TIMES<3922> 3430 +205
決算発表控えて買い戻しなども優勢に。

インプレスホールディングス<9479> 251 +0
値頃感や値動きの軽さから短期資金の値幅取りの動き。

エフオン<9514> 1060 +61
再生エネ関連の一角として物色が向かう。

イーレックス<9517> 3150 +176
脱炭素の流れに乗り業績、株価ともに堅調と報じられる。

テスホールディングス<5074> 2330 +184
13日から再生エネ関連として人気化が続く。

RPAホールディングス<6572> 810 +46
15日に決算発表控えて期待感も先行か。

ダブル・スコープ<6619> 733 +32
買い戻し主導によるリバウンドの動きが続く形。

ADEKA<4401> 2233 +69
いちよし証券ではレーティングを新規に「A」。

Zホールディングス<4689> 589.7 +28.7
グーグルの国内決済アプリ買収なども刺激か。

井筒屋<8260> 246 +9
第1四半期の想定以上の収益改善を評価へ。

ラクーンホールディングス<3031> 2499 +151
25日線突破などから反発力強まる形にも。

Gunosy<6047> 785 -136
上半期の営業赤字見通しをネガティブ視。

ウイングアーク1st<4432> 2033 -177
第1四半期2ケタ営業増益決算も目先の材料出尽くし感。

リテールパートナーズ<8167> 1147 -96
第1四半期大幅減益決算をネガティブ視。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »