株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「カジノ関連」が21位にランク、IR誘致が横浜市長選の争点となり関心高まる<注目テーマ>  7月16日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 パワー半導体
2 再生可能エネルギー
3 太陽光発電関連
4 2021年のIPO
5 脱炭素
6 半導体
7 中古車
8 半導体製造装置
9 グローバルニッチ
10 旅行

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「カジノ関連」が21位にランクしている。

 任期満了に伴う横浜市長選(8月8日告示、22日投開票)が全国的に注目を集めている。横浜市はカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を表明しているが、誘致を決めた現職の林文子市長が4選を目指して立候補すると正式発表したことで、誘致の是非が最大の争点になるとみられているためだ。

 横浜市のIR誘致については、林市長が2017年の市長選で「白紙」とし、当選後の19年8月に誘致を表明したことから、市議会などでは「民意を問うていない」と反発が広がった経緯があり、今回の市長選挙でも前国家公安委員長の小此木八郎氏がIR中止を打ち出して出馬を表明。このほかにも、立憲民主党が推薦を決めた横浜市立大元教授の山中竹春氏や、元長野県知事の田中康夫氏らがIR誘致反対を掲げて出馬を表明している。

 東京から近い横浜市はIR候補地の本命との見方も強いことから、誘致が争点となる市長選は今後の国のIR政策の方向性にも影響を及ぼしかねない。そのため、IRを巡る話題が増えており、これがテーマとしての「カジノ関連」への関心にもつながっているようだ。

 この日の関連銘柄に目立った動きはないものの、ALSOK<2331.T>、ゲンダイエージェンシー<2411.T>、乃村工藝社<9716.T>などが堅調な動きとなっている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日銀金融政策決定会合、金融政策は現状維持
午前:債券サマリー 先物は反落、長期金利0.015%に上昇
東京株式(前引け)=前日比304円安、ハイテク株など売られる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »