株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ひらまつは大幅反落、マルハン系ファンドなどに対する第三者割当増資発表で希薄化を懸念  7月19日14時47分

 ひらまつ<2764.T>は大幅反落している。16日の取引終了後、ゴルフ場運営の太平洋クラブ及びその親会社であるマルハン系ファンドのマルハン太平洋クラブインベストメントを割当先とした第三者割当増資などを実施すると発表した。第三者割当増資や新株予約権の発行で差引手取概算額74億4100万円を調達する予定で、募集後のマルハン系列の持ち株比率は47.5%となる。調達資金はフラグシップモデル及びエントリーモデルの新規出店費用や借入金の返済、運転資金などに当てられる方針。なお、潜在的な希薄化は90.4%となることから、これを嫌気した売りが出ているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 07月19日 14時
CDSは反落、上期業績は計画上振れで着地も材料出尽くし感
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »