株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オプトエレが急反騰、世界的な新型コロナ感染再拡大で商機思惑  7月20日13時06分

 オプトエレクトロニクス<6664.T>が急反騰、一時10%近い上昇で750円台まで駆け上がる場面があった。レーザー式を主力にバーコード読み取り装置などを手掛ける。売上高の過半を海外向けで占めているが、米国では医療機器メーカー向けに同社の2次元ハンディスキャナ「L―22X」が新型コロナウイルス検査装置に採用されるなどの実績を持つ。ここ米国をはじめ海外でも新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される状況にあり、関連有力株として再び投資資金が向かっている。また、足もとの業績も回復色が鮮明で21年11月期営業損益は10億3000万円の黒字(前期実績は3億800万円の赤字)を見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
キャンディルが続落、子会社のオンラインショップで不正アクセスによる個人情報漏えい判明
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にラキール
リビンTが後場プラスに転じる、ハウスドゥと業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »