株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今週のマーケット展望「今週の日本株相場は戻りを試す展開か」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)  7月26日10時14分

皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

オリンピックで日本選手たちが活躍をみせるなか、週明けの日経平均は大きくギャップアップして始まりましたね!そして今週は、国内外で主要な企業の決算ラッシュです。観戦とともに、注目していきましょう!

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、7月26日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、『今週の日本株相場は戻りを試す展開となるだろう』と予想。

その背景について『先週末の米株式市場でダウ平均は4日続伸し、238ドル高の3万5061ドルと過去最高値を更新。終値で初めて3万5000ドルの大台に乗せた。ナスダック総合、S&P500も4日続伸、両指数とも過去最高値を更新した。シカゴの日経平均先物は2万8180円で引けた』として、『週明けの日経平均はギャップアップで始まりそうだ。問題はそのまま堅調を維持できるかだが、2万8000円台半ばまではいけるだろう』と分析しています。

そして、『注目は先週水曜日の引け後に決算を発表した日本電産<6594>に対する市場の反応だ』と言及。

『日電産の4〜6月期の売上高は前年同期比33%増の4474億円、営業利益も60%増の445億円といずれもQUICKコンセンサスを上回った。市場予想を上回る好決算にもかかわらず、先行きの業績見通しを変えなかったことで、発表後の私設取引システム(PTS)では売りが優勢となった』としながらも、『ただし、PTSでは取引参加者が限定的なこと、4連休を控えていたことなどを考えれば、週明けの東証では違う株価反応となることも考えられる。特に米国市場で主要指数がそろって高値更新しており、投資家心理はだいぶ上向いている。好決算の日電産が素直に買われれば、今週から本格化する決算発表への期待も高まるだろう』と広木さんはみているようです。

一方、今週の決算発表は、『26日に日東電工<6988>、中外薬<4519>、27日に信越化学<4063>、28日にエムスリー<2413>、TDK<6762>、アドバンテスト<6857>、日産<7201>、キヤノン<7751>、29日にZOZO<3092>、OLC<4661>、富士通<6702>、パナソニック<6752>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、村田製<6981>、京セラ<6971>、 30日にJT<2914>、コマツ<6301>、NEC<6701>、デンソー<6902>、三井住友<8316>、みずほ<8411>、野村<8604>、ANA<9202>、JR各社、商船三井<9104>などが予定されている』と伝えています。

つづけて、米国では『IT企業の決算発表が集中する』として、『27日にグーグルの親会社アルファベットとアップル、マイクロソフト、28日にフェイスブック、29日にアマゾン・ドット・コム』と主要企業を挙げています。

また、『21日に発表された半導体露光装置の世界最大手、オランダのASMLの決算は非常に良好で、2021年12月期の売上高見通しを上方修正した』として、『日本市場は連休でこのニュースに反応できていないので、週明けは半導体関連がにぎわうだろう』と見解を述べています。

さらに、『もうひとつのテーマはEV関連か』と広木さん。

『日本電産の鴻海とのEV合弁発表に加え、土曜日の日経は日立製作所が2022年末までに、日本、米国、中国にモーターなどEV部品の新工場を設け、生産能力を現在の6倍前後に増やすと報じた』と伝えています。

海外の材料については、『27、28日に開催されるFOMCだが、今回は大きな材料にはならない見通し。そのほか注目は国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しの公表がある』と説明しています。

最後に、今週の日経平均の予想レンジは『2万7900円〜2万8500円』としました。


参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »