株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~物色の流れとしては決算を手掛かりとした個別対応~  7月30日08時55分

30日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:物色の流れとしては決算を手掛かりとした個別対応
■パナソニック、1Q営業利益1043億円、コンセンサス上回る
■前場の注目材料:日野自、北米向けトラックをいすゞからOEM調達


■物色の流れとしては決算を手掛かりとした個別対応

30日の日本株市場は神経質な相場展開になりそうだ。29日の米国市場ではNYダウが153ドル高だった。連邦準備制度理事会(FRB)が当面のあいだ金融緩和を維持するとの期待に投資家心理が改善。第2四半期GDPが2四半期連続で6%台の成長を記録したほか、企業の好決算も手伝い、終日堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の27755円。円相場は1ドル109円40銭台で推移している。

シカゴ先物にサヤ寄せする形から利食い優勢の展開になりそうだ。米国ではクアルコムが6%の上昇となるなど、半導体株の強い動きが目立っており、本日も波及を見せてくるかが注目されるところであろう。決算が評価されて買われたアドバンテスト<6857>辺りが本日も強含みの動きを見せてくるようだと安心感に繋がりそうだ。また、前日の日経平均のけん引役だったソフトバンクG<9984>への物色も投資家の関心を集めやすいところ。

一方で、シカゴ先物の反応を見る限りでは、米国市場の上昇の影響は限られる可能性も意識されやすいだろう。月末最終日となることから、月末下落といったアノマリーを警戒する流れにもなりやすく、積極的に上値を狙った物色は期待しづらいところ。その他、中国の規制強化に関連した報道に振らされやすい需給状況が続いていることから、引き続きハンセン指数などの動向にも神経質になりやすいだろう。

物色の流れとしては決算を手掛かりとした個別対応となる。足元では主力企業の好決算が目立っており、物色が強まっている。昨夕の決算ではファナック<6954>、キーエンス<6861>、村田製<6981>、オムロン<6645>辺りが注目されやすく、主力処が堅調推移となるようだと、安心感に繋がることが期待されてきそうだ。

もっとも、月末のアノマリーのほか、政府は、神奈川、千葉、埼玉の3県と大阪に緊急事態宣言を出す方針を固めたと報じられている。期間は8月31日までで、東京、沖縄についてもあわせて延長となることから、アルゴ発動への警戒などから決算評価の物色についても沈静化してくる可能性があることは注意しておきたいところか。また、マザーズ指数は反発を見せたものの、調整トレンドのなかでの自律反発の域を脱しておらず、戻り待ちの売り圧力には注意する必要も。


■パナソニック、1Q営業利益1043億円、コンセンサス上回る

パナソニック<6752>は2022年3月期第1四半期業績を発表。売上高は前年同期比28.8%増の1兆7924.21億円、営業利益は27.8倍の1043.77億円だった。コンセンサス(650億円程度)を上回る。テレビ、調理家電、美容家電や、アジア・欧州のルームエアコンなどが堅調に推移。ICT端末や5G関連機器の需要増のほか、コンデンサ、産業用モータ、蓄電システムなどがけん引。通期計画は据え置いている。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(27782.42、+200.76)
・NYダウは上昇(35084.53、+153.60)
・ナスダック総合指数は上昇(14778.26、+15.68)
・SOX指数は上昇(3333.24、+60.80)
・VIX指数は低下(17.70、-0.61)
・米原油先物は上昇(73.62、+1.23)
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・日野自<7205>北米向けトラックをいすゞからOEM調達
・富士電機<6504>記録媒体から撤退、マレーシア工場、生産終了
・ソフトバンクG<9984>ウーバー株2300億円売却へ
・三井物産<8031>チリ社買収、現地で車両管理事業拡大
・横浜ゴム<5101>エアコンホースの重さ半減、24年実用化
・DMG森精機<6141>エジプト工場、年産1000台超、アフリカ成長取り込む
・日本製鉄<5401>光触媒機能鋼板、低照度で抗ウイルス効果
・昭和電工<4004>電動車パワーモジュール向けアルミ製冷却器、生産能力倍増
・住友化学<4005>バイオラショナル農薬、米で桃など摘果向け


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:30 6月有効求人倍率(予想:1.10倍、5月:1.09倍)
・08:30 6月失業率(予想:3.0%、5月:3.0%)
・08:50 6月鉱工業生産(前月比予想:+5.0%、5月:-6.5%)
・08:50 日銀金融政策決定会合議事録公表(2011年1-6月開催分)

<海外>
・特になし

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »