株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「スポーツ用品」が28位にランク、東京五輪のメダルラッシュで競技人口増加に期待<注目テーマ>  7月30日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 再生可能エネルギー
2 半導体製造装置
3 脱炭素
4 2021年のIPO
5 電気自動車関連
6 パワー半導体
7 蓄電池
8 デジタルトランスフォーメーション
9 ポストコロナ
10 グローバルニッチ

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「スポーツ用品」が28位にランクしている。

 東京オリンピックがスタートし、日本代表選手によるメダルラッシュが続いていることを受けて、株式市場でもスポーツ関連株への関心が高まっている。印象的だったのは26日のモリト<9837.T>株の動きだった。25日にスケートボード男子ストリートの堀米雄斗選手が、26日には女子ストリートで西矢椛(もみじ)選手がそれぞれ金メダルを獲得し、女子ストリートの中山楓奈選手が銅メダルを獲得したことで、子会社がスケートボード関連商品の販売を行う同社に、スケボー人気の高まりによる売り上げ増を期待した買いが入った。また同子会社はサーフィン関連商品の販売も行っていることから、27日にサーフィン男子で五十嵐カノア選手が銀メダルを獲得したことで同日には年初来高値を更新した。

 モリト以外にも、ウェア関連のミズノ<8022.T>やアシックス<7936.T>、テニスやバドミントンのラケットを手掛けるヨネックス<7906.T>、野球用品のゼット<8135.T>なども26日には軒並み大幅高となった。足もとでは落ち着きを取り戻しているものの、日本代表選手の活躍次第では人気再燃の可能性もあり、引き続き注目は必要なようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー 先物は小幅続落、長期金利0.020%に上昇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にセキド
東京株式(前引け)=前日比373円安、売り優勢で下値探る展開


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »