株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反落、オンキヨーHがS安  7月30日15時04分

 30日大引けの日経ジャスダック平均は前日比26.65円安の3953.15円と反落。値上がり銘柄数は157、値下がり銘柄数は450となった。

 個別ではオンキヨーホームエンターテイメント<6628>がストップ安。セプテーニ・ホールディングス<4293>は一時ストップ安と急落した。オールアバウト<2454>、ナフコ<2790>、ランドネット<2991>、プロパスト<3236>、アスコット<3264>など30銘柄は年初来安値を更新。元旦ビューティ工業<5935>、SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ<9478>、太洋工業<6663>、テンダ<4198>、シキノハイテック<6614>は値下がり率上位に売られた。

 一方、京極運輸商事<9073>がストップ高。菊水電子工業<6912>は一時ストップ高と値を飛ばした。ウエストホールディングス<1407>、ソーバル<2186>、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション<2769>、東映アニメーション<4816>、エイケン工業<7265>など7銘柄は年初来高値を更新。三ッ星<5820>、プロルート丸光<8256>、ウィルソン・ラーニング ワールドワイド<9610>、アズジェント<4288>、Success Holders<4833>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

【関連ニュース】
ジャスダック市場(前引け)=日経ジャスダック平均は反落、オンキヨーHがS安
【↑】日経平均 大引け| 反発、米ハイテク株高やアジア株堅調で買い優勢 (7月29日)
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は反発、京極運、SEHIがS高


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »