株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=498円安と急反落、1月初旬以来の安値圏に下落   7月30日15時44分

 30日の東京株式市場で日経平均株価は急反落。新型コロナウイルス感染拡大に対する警戒感が高まるなか、日経平均株価は1月6日以来の安値圏に売られた。

 大引けの日経平均株価は前日比498円83銭安の2万7283円59銭。東証1部の売買高概算は12億3671万株。売買代金概算は2兆8469億円となった。値上がり銘柄数は275と全体の約13%、値下がり銘柄数は1875、変わらずは40銘柄だった。

 前日の米株式市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)を経てテーパリング(量的緩和縮小)に対する警戒感が後退したことが引き続き好感され、NYダウとナスダック指数は上昇した。ただ、東京市場は値を下げてスタートし、後場にかけ下げ幅を拡大し一時500円を超す下落となった。感染力の高い新型コロナの変異株(デルタ株)の感染拡大を受け、埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県と大阪府に対して緊急事態宣言を発令する見通しとなったことが警戒された。また、海外では香港ハンセン指数が大幅安となったことなどが警戒された。月末の下落は11カ月連続と月末安のアノマリー(経験則)は継続した。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984.T>やレーザーテック<6920.T>、ファーストリテイリング<9983.T>が安く、村田製作所<6981.T>やトヨタ自動車<7203.T>、ソニーグループ<6758.T>が値を下げた。ファナック<6954.T>や富士通<6702.T>、アンリツ<6754.T>が急落した。サイバーエージェント<4751.T>や東京エレクトロン<8035.T>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が売られた。

 半面、キーエンス<6861.T>やルネサスエレクトロニクス<6723.T>が高く、日本郵船<9101.T>や商船三井<9104.T>が急伸した。デンソー<6902.T>やエムスリー<2413.T>が買われ、TOWA<6315.T>やZOZO<3092.T>が値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・30日>(大引け)=商船三井、NCS&A、セキドなど
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にTOWA
商船三井が後場急伸、22年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »