株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:高度紙は大幅に反発、Tホライゾンがストップ安  8月02日16時05分

<3911> Aiming 356 +31
急騰。21年12月期第2四半期累計(21年1-6月)の営業損益が9.55億円の黒字(前年同期実績は1.81億円の赤字)に転換したと発表している。各タイトルが予想売上高を上回ったことに加え、外注費や広告宣伝費を抑制したことから会社計画(8.06億円の黒字)を超過して着地した。第3四半期累計(21年1-9月)の予想は前年同期比7.9%減の11.57億円とした。通期予想は開示していない。

<6629> Tホライゾン 1414 -400
ストップ安。22年3月期第1四半期(21年4-6月)の営業損益を3.43億円の赤字(前年同期実績は0.51億円の赤字)と発表している。映像&IT事業で将来の事業拡大に備えた人員増強や拠点整備、M&A実施に伴う手数料支払いやのれん償却増加などで販管費が膨らんだことが響いた。通期予想は前期比23.9%増の30.00億円で据え置いたが、第1四半期の赤字拡大が嫌気され、売り優勢となっている。

<5820> 三ッ星 1658 +101
年初来高値。飛躍的な耐張力・耐屈曲性能を有し、高所作業や水中作業で利用可能なマルチケーブルを開発したと発表している。自社従来製品のケーブルに使われる線心の20倍の耐屈曲性能を有する炭素繊維ワイヤーを補強材とした線心を組み込んだという。また、22年3月期第1四半期の営業利益は電線や電熱線の好調を受け、前年同期比3.1倍の0.47億円で着地した。通期予想は前期比41.9%増の2.80億円で据え置き。

<9753> IXナレッジ 824 +77
大幅に続伸。15万株(1.00億円)を上限として自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は1.51%。取得期間は2日から12月22日まで。機動的な資本政策の実施を可能とするとともに資本効率の向上を図る。22年3月期第1四半期(21年4-6月)の営業利益はシステム開発案件などの受注が拡大し、前年同期比121.4%増の3.63億円で着地した。通期予想は前期比3.6%増の9.00億円で維持した。

<7748> ホロン 3050 +175
大幅に反発。一部メディアが実施した売上高100億円以下の上場企業を対象にした調査で、3年前と比べて配当総額の伸び率が大きかった企業のランキングでトップとなった。集計企業の配当総額合計が3年前に比べて44%増となる中、ホロンは4.75倍に膨らんでいる。調査では「半導体市場の好況も支えに利益を稼ぎ、これに連動して株主への利益還元も増やした」と分析している。

<3891> 高度紙 3800 +375
大幅に反発。22年3月期の営業利益を従来予想の30.00億円から37.00億円(前期実績27.61億円)に上方修正している。主力製品のアルミ電解コンデンサ用セパレータで車載向けや産業機器向けを中心に需要が増加したため。稼働率向上による原価率低減も利益を押し上げる見込み。第1四半期(21年4-6月)の営業利益は前年同期比108.1%増の13.15億円で着地した。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »