株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ファーストリテが1銘柄で約39円分押し下げ  8月03日12時50分

3日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり44銘柄、値下がり170銘柄、変わらず11銘柄となった。

日経平均は反落。221.76円安の27559.26円(出来高概算4億6000万株)で前場の取引を終えている。

週明け2日の米株式市場でNYダウは続落し、97ドル安となった。超党派の上院議員によるインフラ投資計画法案の調整がほぼ完了したと伝わり、週内にも上院で可決されるとの期待からNYダウは一時256ドル高まで上げ幅を広げた。しかし、7月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数が予想外に低下し、新型コロナウイルス変異株(デルタ株)感染拡大への警戒感も相まって10年債利回りが再び1.2%割れまで低下。株式市場でも景気減速への懸念が広がった。前日に500円近く上昇した日経平均だが、本日は米株安を受けた売りに押され200円安からスタート。朝方下げ渋る場面もあったが、中国・上海株や香港株の軟調な出足が嫌気され、前場中ごろを過ぎると27492.40円(288.62円安)まで下落する場面があった。

個別では、任天堂<7974>が2%の下落となっているほか、ソフトバンクG<9984>やファーストリテ<9983>が軟調。米金利低下で三菱UFJ<8306>などのメガバンク株が売られ、新型コロナ感染拡大の影響が懸念されるJAL<9201>やANA<9202>、このところ買われていた日本製鉄<5401>など景気敏感株の下げも目立つ。決算発表銘柄では大塚商会<4768>、ケーズHD<8282>などが大幅安。また、GMB<7214>などが東証1部下落率上位に顔を出している。一方、米半導体株高を支えにレーザーテック<6920>が堅調。商船三井<9104>は4日続伸している。AGC<5201>は業績上方修正を好感した買い優勢。また、EG<6050>やダイトロン<7609>が東証1部上昇率上位に顔を出し、米社による買収観測が報じられたGCA<2174>はストップ高水準での買い気配が続いている。

セクターでは、空運業、鉱業、鉄鋼などが下落率上位で、その他も全般軟調。一方、海運業、精密機器、ガラス・土石製品など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の70%、対して値上がり銘柄は25%となっている。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約39円押し下げた。同2位はネクソン<3659>となり、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、リクルートHD<6098>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップはアドバンテスト<6857>となり1銘柄で日経平均を約11円押し上げた。同2位はKDDI<9433>となり、豊田通商<8015>、エーザイ<4523>、三井物産<8031>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価 27559.26(-221.76)

値上がり銘柄数 44(寄与度+34.41)
値下がり銘柄数 170(寄与度-256.17)
変わらず銘柄数 11

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<6857> アドバンテ       9930          150 +10.80
<9433> KDDI           3361           9 +1.94
<8015> 豊通商          5410           50 +1.80
<4523> エーザイ         9137           45 +1.62
<8031> 三井物          2606           40 +1.44
<7751> キヤノン         2608           26 +1.40
<5332> TOTO           6050           70 +1.26
<6724> エプソン         2002           17 +1.22
<7205> 日野自           957           30 +1.08
<2413> エムスリー       7120           12 +1.04
<8002> 丸紅            983         28.6 +1.03
<6361> 荏原           5630          130 +0.94
<6770> アルプスアル      1197           25 +0.90
<6367> ダイキン        23230           25 +0.90
<4324> 電通G           3895           25 +0.90
<7203> トヨタ         10050           20 +0.72
<4751> サイバー         2020           24 +0.69
<6504> 富士電機         4980           85 +0.61
<7735> スクリン        10220           80 +0.58
<9104> 商船三井         6400          150 +0.54

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    72710         -1080 -38.89
<3659> ネクソン         2076         -198 -14.26
<9984> ソフトバンクG     6897          -65 -14.04
<6954> ファナック       24710         -385 -13.86
<6098> リクルートHD      5582          -89 -9.62
<8035> 東エレク        46300         -250 -9.00
<4519> 中外薬          4014          -74 -7.99
<9766> コナミHD         5980         -210 -7.56
<4507> 塩野義          5693         -205 -7.38
<7832> バンナムHD       7101         -191 -6.88
<4063> 信越化         18115         -190 -6.84
<6758> ソニー         11375         -175 -6.30
<2502> アサヒ          4894         -162 -5.83
<6971> 京セラ          6814          -81 -5.83
<6762> TDK           12310         -120 -4.32
<6902> デンソー         7736         -120 -4.32
<4911> 資生堂          7087         -111 -4.00
<2801> キッコーマン      6750         -100 -3.60
<4503> アステラス薬     1813.5         -15.5 -2.79
<4543> テルモ          4302          -19 -2.74



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »