株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「電気自動車関連」が8位、田中化研はじめ好業績銘柄に買い<注目テーマ>  8月04日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 再生可能エネルギー
2 グローバルニッチ
3 半導体製造装置
4 海運
5 2021年のIPO
6 脱炭素
7 パワー半導体
8 電気自動車関連
9 水素
10 蓄電池

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電気自動車関連」が8位となっている。

 電気自動車(EV)関連株の決算が好調だ。米テスラ<TSLA>が7月26日に発表した4~6月期決算は売上高、最終利益ともに四半期ベースで過去最高を更新した。国内企業では日産自動車<7201.T>が28日、四半期決算とあわせて通期業績予想の上方修正を発表し、3期ぶりの最終黒字転換を見込んでいる。EV関連の中核銘柄に位置づけられる日本電産<6594.T>の決算も好調な内容だった。

 EV関連株に対するマーケットの注目度は引き続き高水準だが、なかでも直近では電池材料を手掛ける銘柄群にスポットライトが当たっている。好決算を発表した田中化学研究所<4080.T>やニッポン高度紙工業<3891.T>のほか、日本電解<5759.T>、戸田工業<4100.T>、ダブル・スコープ<6619.T>などに着目。

 このほか主なEV関連銘柄としては、トヨタ自動車<7203.T>など大手自動車メーカーやパナソニック<6752.T>、ローム<6963.T>をはじめ、三井ハイテック<6966.T>、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>など。また、古河電池<6937.T>、日本ケミコン<6997.T>、小田原エンジニアリング<6149.T>、黒田精工<7726.T>、大泉製作所<6618.T>などにも目を配っておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=小幅続落、売り一巡後に下げ渋る
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位に田中化研
4日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »