株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水が後場プラス圏に急浮上、家庭用・業務用食品堅調で第1四半期営業利益67%増  8月04日13時16分

 日本水産<1332.T>が後場プラス圏に急浮上している。午後1時ごろに発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高1654億700万円(前年同期比8.9%増)、営業利益70億4900万円(同66.7%増)、純利益51億8600万円(同63.5%増)と大幅増益となったことが好感されている。

 食品事業で、国内外ともに家庭用食品・業務用食品の販売が堅調に推移したことに加えて、コンビニエンスストア向けチルド弁当やおにぎりなどの販売が改善したことが牽引役となった。また、ファイン事業で新型コロナウイルスのPCR検査薬や海外向け培地の販売が堅調に推移したことも貢献した。

 なお、22年3月期通期業績予想は、売上高6420億円(前期比4.4%増)、営業利益200億円(同11.1%増)、純利益150億円(同4.2%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
4日の主なマーケットイベント
エーザイが後場に入り動意、22年3月期営業利益大幅増額で前期比47%増に
債券:国債買いオペ、「残存期間10年超25年以下」の応札倍率2.26倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »