株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キューブシステムがカイ気配スタート、宅配便や通信向けDX需要追い風に上期業績上方修正  8月05日09時07分

 キューブシステム<2335.T>がカイ気配スタートで1000円近辺のもみ合いを上放れてきた。同社は金融や通信向けで強みを発揮するシステムインテグレーターで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)関連投資需要の拡大を背景に好調な収益環境を享受している。とりわけ宅配便事業会社向けシステム構築案件が急拡大しているほか、大手通信会社向けでも受注を伸ばしている。4日取引終了後に発表した21年4~6月期決算は営業利益が前年同期比56.5%増の3億7800万円と大幅な伸びを示した。また、21年4~9月期業績予想も上方修正した。営業利益は従来予想の5億5500万円から7億円(前年同期比26.7%増)に増額しており、これを好感する買いを呼び込む形となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
レーザーテックは4日続伸、SOX指数最高値更新追い風であすの本決算発表にも関心
東京株式(寄り付き)=続落、NYダウ安と新型コロナ警戒で売り優勢
5日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万7500円(-65円)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »