株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:イビデンやパナソニックなどに注目  8月06日09時11分

5日の米国市場では、NYダウが271.58ドル高の35064.25と上げ、ナスダック総合指数は106.13pt高の14886.66と史上最高値を更新。シカゴ日経225先物は大阪日中比130円高の27810と堅調だった。6日早朝の為替は1ドル=109.70-80円(昨日午後3時は109.66円)。本日の東京市場では、好決算銘柄の選別物色が強まり、昨日大引け後に4-6月期の好業績や業績予想の上方修正を発表したアルペン<3028>、資生堂<4911>、神戸製鋼所<5406>、シャープ<6753>、ヤマハ発動機<7272>、島津製作所<7701>、オリンパス<7733>、ニコン<7731>、近鉄エクスプレス<9375>、TBSHD<9401>などが買われよう。反面、日本郵船<9101>や商船三井<9104>、川崎汽船<9107>は3連休前で短期筋の手じまい売りが予想され、4-6月期が減収減益だった任天堂<7974>もさえない動きを強いられよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたイビデン<4062>、パナソニック<6752>、ヒロセ電機<6806>、日本光電工業<6849>、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>、オカムラ<7994>、伊藤忠<8001>、住友商事<8053>、東京ガス<9531>、トランスコスモス<9715>などに注目。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »