株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比50円高の27890円~  8月10日07時41分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、HOYA<7741>、東京海上HD<8766>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、AGC<5201>が堅調。半面、ソニーG、ファーストリテ、任天堂、セコムが冴えないなど、対東証比較(1ドル110.32円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の27890円。

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は106.66ドル安の35101.85ドル、ナスダックは24.42ポイント高の14860.18で取引を終了した。国内の新型コロナ感染件数が6カ月ぶり高水準に達し、ニューヨークで2年ぶり開催が予定されていた国際オートショーやニューオーリンズで10月に開催予定だったジャズフェスティバルの中止が相次いで発表され、投資家心理が悪化。景気回復が損なわれるとの懸念に、寄り付き後、下落した。しかし、6月JOLT求人件数が過去最高を記録し、労働市場の改善が明らかになると警戒感が緩和し、下げ止まった。ナスダック総合指数は小幅高。

9日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円03銭まで下落後、110円35銭まで上昇して、110円35銭で引けた。米国内で新型コロナ感染件数が増加し、力強い景気回復に懸念が浮上したため、長期金利の低下に伴うドル売りが優勢となった。その後発表された6月JOLT求人件数は予想以上に増加し、過去最高となったため景気の先行きについて悲観的な見方が後退。早期の金融緩和縮小を織り込み長期金利が反転したことから、ドル買いが再燃した。ユーロ・ドルは1.1769ドルまで上昇後、1.1735ドルまで下落して、1.1736ドルで引けた。

NY原油先物9月限は続落(NYMEX原油9月限終値:66.48 ↓1.80)。


■ADR上昇率上位銘柄(9日)
<8766> 東京海上HD 49.7ドル 5483円 (150円) +2.81%
<8306> 三菱UFJ 5.44ドル 600円 (15.8円) +2.7%
<8303> 新生銀 2.74ドル 1511円 (38円) +2.58%
<1812> 鹿島 13.56ドル 1496円 (33円) +2.26%
<1928> 積水ハウス 19.95ドル 2201円 (41.5円) +1.92%


■ADR下落率上位銘柄(9日)
<1801> 大成建 7.75ドル 3420円 (-105円) -2.98%
<6471> 日精工 15.01ドル 828円 (-18円) -2.13%
<6753> シャープ 3.54ドル 1562円 (-16円) -1.01%
<9735> セコム 19.1ドル 8427円 (-82円) -0.96%
<8802> 菱地所 15.47ドル 1707円 (-15円) -0.87%


■その他ADR銘柄(9日)
<1925> 大和ハウス 30.85ドル 3403円 (12円)
<1928> 積水ハウス 19.95ドル 2201円 (41.5円)
<2503> キリン 18ドル 1986円 (5円)
<2802> 味の素 27.17ドル 2997円 (12円)
<3402> 東レ 12.92ドル 713円 (-2円)
<3407> 旭化成 21.88ドル 1207円 (12円)
<4523> エーザイ 81.48ドル 8989円 (148円)
<4901> 富士フイルム 71.93ドル 7935円 (27円)
<4911> 資生堂 69.5ドル 7667円 (48円)
<5108> ブリヂストン 21.82ドル 4814円 (28円)
<5201> AGC 9.01ドル 4970円 (50円)
<5802> 住友電 13.56ドル 1496円 (0円)
<6301> コマツ 25.01ドル 2759円 (11.5円)
<6503> 三菱電 27.33ドル 1508円 (-0.5円)
<6586> マキタ 51.16ドル 5644円 (34円)
<6645> オムロン 87.84ドル 9690円 (10円)
<6702> 富士通 33.72ドル 18600円 (15円)
<6723> ルネサス 5.47ドル 1207円 (-6円)
<6753> シャープ 3.54ドル 1562円 (-16円)
<6758> ソニーG 102.63ドル 11322円 (-78円)
<6762> TDK 109.88ドル 12122円 (-8円)
<6902> デンソー 35.43ドル 7817円 (23円)
<6954> ファナック 22.8ドル 25153円 (143円)
<6988> 日東電 38.12ドル 8411円 (21円)
<7201> 日産自 11.08ドル 611円 (4.9円)
<7202> いすゞ 12.94ドル 1428円 (9円)
<7203> トヨタ 180.57ドル 9960円 (122円)
<7267> ホンダ 33.26ドル 3669円 (36円)
<7270> SUBARU 9.53ドル 2103円 (18.5円)
<7733> オリンパス 21.24ドル 2343円 (-2円)
<7741> HOYA 152.51ドル 16825円 (130円)
<7751> キヤノン 24.04ドル 2652円 (31.5円)
<7974> 任天堂 59.13ドル 52186円 (-224円)
<8001> 伊藤忠 61.32ドル 3383円 (3円)
<8002> 丸紅 82.41ドル 909円 (-3.6円)
<8031> 三井物 481.48ドル 2656円 (21円)
<8053> 住友商 14.22ドル 1569円 (7.5円)
<8267> イオン 27.2ドル 3001円 (-1円)
<8306> 三菱UFJ 5.44ドル 600円 (15.8円)
<8309> 三井トラスト 3.38ドル 3729円 (67円)
<8316> 三井住友 6.86ドル 3784円 (44円)
<8411> みずほFG 2.88ドル 1589円 (20円)
<8591> オリックス 92.16ドル 2033円 (26円)
<8604> 野村HD 4.93ドル 544円 (1.4円)
<8766> 東京海上HD 49.7ドル 5483円 (150円)
<8802> 菱地所 15.47ドル 1707円 (-15円)
<9432> NTT 25.5ドル 2813円 (4円)
<9735> セコム 19.1ドル 8427円 (-82円)
<9983> ファーストリテイ 66.34ドル 73186円 (-134円)
<9984> ソフトバンクG 30.74ドル 6781円 (11円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »