株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日続伸、ファーストリテが1銘柄で約17円分押し上げ  8月10日12時33分

10日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり141銘柄、値下がり76銘柄、変わらず8銘柄となった。

日経平均は3日続伸。85.69円高の27905.73円(出来高概算5億6000万株)で前場の取引を終えている。

日本の3連休中、米国では6日発表された7月雇用統計で雇用者数が市場予想を上回る大きな伸びを示した。新型コロナウイルス・デルタ型の感染拡大が懸念され、NYダウは6日と9日の2日間で計37ドル高とやや伸び悩んだが、10年物国債利回りは労働市場の回復を好感して1.3%台まで上昇(債券価格は低下)。連休明けの東京市場では金融株や好業績銘柄を中心に買いが先行し、日経平均は66円高からスタートした。寄り付き後も上げ幅を広げ、前場中ごろには一時28128.61円(308.57円高)まで上昇したが、その後急失速して前場を折り返した。

個別では、米長期金利の上昇を受けて三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>といったメガバンク株が買われ、ソフトバンクG<9984>やトヨタ自<7203>は小じっかり。新型コロナの飲み薬について年内に100万人分以上の供給体制を整える方針と伝わった塩野義<4507>は4%近く上昇した。決算発表銘柄では自社株買い実施が好感されたNTT<9432>などに買いが入り、業績上方修正の三井金<5706>は急伸。チャームケア<6062>はストップ高水準での買い気配が続いている。一方、レーザーテック<6920>が売買代金トップで4%超の下落。今期は増益率が鈍化する見通しとなっており、ネガティブ視した売りが出た。任天堂<7974>やソニーG<6758>も軟調で、郵船<9101>は小安い。住友鉱<5713>は決算発表による材料出尽くし感から売りがかさみ、りらいあ<4708>などが東証1部下落率上位に顔を出している。

セクターでは、空運業、陸運業、医薬品などが上昇率。一方、その他製品、非鉄金属、金属製品などが下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は25%となっている。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約17円押し上げた。同2位はエムスリー<2413>となり、リクルートHD<6098>、第一三共<4568>、大塚HD<4578>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはバンナムHD<7832>となり1銘柄で日経平均を約10円押し下げた。同2位は東エレク<8035>となり、ソニーG<6758>、ダイキン<6367>、ファナック<6954>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  27905.73(+85.69)

値上がり銘柄数 141(寄与度+177.19)
値下がり銘柄数  76(寄与度-91.50)
変わらず銘柄数  8

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    73790          470 +16.93
<2413> エムスリー       7152          173 +14.95
<6098> リクルートHD      5880          120 +12.96
<4568> 第一三共         2098         108.5 +11.72
<4578> 大塚HD          4632          237 +8.53
<4507> 塩野義          6272          234 +8.43
<6857> アドバンテ       10290          100 +7.20
<4523> エーザイ         9037          196 +7.06
<9433> KDDI           3368           31 +6.70
<4519> 中外薬          4054           53 +5.73
<6976> 太陽誘電         6140          120 +4.32
<9984> ソフトバンクG     6790           20 +4.32
<3382> 7&iHD           4920           92 +3.31
<8252> 丸井G           1945           73 +2.63
<5108> ブリヂストン      4857           71 +2.56
<7272> ヤマハ発         2921           71 +2.56
<4151> 協和キリン       3525           65 +2.34
<4503> アステラス薬     1797.5         12.5 +2.25
<6971> 京セラ          6752           31 +2.23
<5714> DOWA           4590          260 +1.87

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<7832> バンナムHD       7493         -271 -9.76
<8035> 東エレク        47160         -240 -8.64
<6758> ソニー         11165         -235 -8.46
<6367> ダイキン        24665         -225 -8.10
<6954> ファナック       24870         -140 -5.04
<9735> セコム          8393         -116 -4.18
<5713> 住友鉱          4262         -230 -4.14
<6762> TDK           12050          -80 -2.88
<2801> キッコーマン      7070          -80 -2.88
<6301> コマツ          2670         -77.5 -2.79
<7269> スズキ          4582          -76 -2.74
<4543> テルモ          4437          -16 -2.30
<9766> コナミHD         6320          -60 -2.16
<7951> ヤマハ          6310          -50 -1.80
<7733> オリンパス      2333.5         -11.5 -1.66
<4452> 花王           6751          -42 -1.51
<6361> 荏原           5530         -200 -1.44
<4911> 資生堂          7584          -35 -1.26
<7267> ホンダ          3617          -16 -1.15
<6902> デンソー         7763          -31 -1.12



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »