株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

チャームケア、ローランドDG、那須鉄など  8月10日15時35分

<6855> 電子材料 1934 +210急伸。前週末に第1四半期決算を発表.。営業益は前年同期比42.1%増の11.42億円となり、上半期計画の16.00億円に対し高進捗で。四半期比でもモメンタムが大きく拡大。
半導体メーカーの設備投資が継続するなか、メモリーIC向け製品を中心に、プローブカードの需要が堅調推移したことが背景。なお、いちよし証券では投資判断を「B」から「A」に、フェアバリューを2400円から2700円へと引き上げた。

<7414> 小野建 1550 +177急伸。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は30.7億円で前年同期比4.5倍となり、上半期計画は従来の27.8億円から54.8億円に、通期では58.9億円から93.6億円、前期比43.7%増に上方修正した。鉄鋼市況の上昇に伴い、販売価格の上昇から在庫出荷分を中心に利益率が向上しているもよう。年間配当計画も従来の60円から92円にまで引き上げており、配当利回り妙味なども高まる形になっている。

<6789> ローランドDG 3155 +500急伸でストップ高。先週末に上半期決算を発表、営業利益は29.6億円となり、従来予想の21億円を大きく上振れた。北米におけるサイン市場向けプリンターとデンタル加工機の販売が想定を上回り、増産体制整備による効果も顕在化した。通期予想は40億円から54億円、前期比10倍超の水準にまで上方修正。また、上半期の配当金は従来の20円計画から40円に引き上げ、年間配当金は前期比50円増の60円とした。

<4680> ラウンドワン 1186 +103大幅続伸。8月5日発表の第1四半期決算を受けた見直しの動きが続く形になっている。
いちよし証券では、フェアバリューは1500円から1400円に引き下げているものの、レーティングは「B」から「A」に引き上げている。緊急事態宣言再発出の影響などで今期予想は下方修正しているものの、来期はワクチン接種の普及見込みなどで急回復を想定しており、株価調整は進んだとみているようだ。

<5713> 住友鉱 4195 -297大幅反落。先週末に第1四半期決算を発表、税引前利益は599億円で前年同期比16.9倍の水準となり、上期計画は従来の730億円から1060億円に上方修正した。金属市況の上昇に加え、MLCCや電気自動車向けなど材料事業も好調に推移。ただ、金属市況上昇に伴う業績上振れは想定線、通期の市場コンセンサスは会社計画を400億円程度上回る水準で、目先の出尽くし感に。なお、会社側では通期予想は据え置き。

<5922> 那須鉄 9880 +1500ストップ高比例配分。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は6.9億円で前年同期比58.8%増と大幅増益になり、上半期予想は従来の5.3億円から11.1億円に、通期では12.5億円から20億円にそれぞれ上方修正。原材料価格上昇の影響が想定よりも限定的であるほか、ETC設備工事などが順調に推移している。大幅減益見通しから一転して2ケタ増益見通しに転じており、サプライズが強まる形になった。

<6062> チャームケア 1379 +300ストップ高比例配分。先週末に21年6月期の決算を発表、営業利益は20.1億円で前期単独比5.9%増益、期末配当金も9円から12円に引き上げ。22年6月期は29.3億円の見通しであり、会計基準変更を考慮した実質ベースでは同78.6%増になるもよう。年間配当金も15円に引き上げ計画。新規事業「ヘルスケア・デベロップメント事業」で売上高25億円程度の計上を見込んでいるようだ。

<9432> NTT 2852 +43続伸。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は4863億円で前年同期比2.3%減益、NTT東・西、NTTデータが増益となったが、ドコモの減益が響く形になった。ただ、ドコモも会社想定は上振れているもよう。決算サプライズは限定的な中、発行済み株式数の2.76%に当たる1億株、2500億円を上限とする自社株買いの実施を発表しており、期待感もあったとはいえ、ポジティブに反応する動きが先行している。

<5706> 三井金 3355 +270大幅高。先週末に第1四半期決算を発表、経常利益は212億円となり、前年同期比231億円の損益改善に。上半期計画は従来の190億円から340億円、通期では350億円から520億円にまで上方修正している。在庫評価益の拡大に加えて、極薄銅箔の販売好調などが背景になっている。通期の市場コンセンサスは390億円、業績への警戒感から株価の低調推移が続いていたことからもインパクトが強まる形に。

<6920> レーザーテック 21470 -170続落。前日に21年6月期決算を発表、営業利益は261億円で前期比73.1%増、市場予想を40億円近く上回った。一方、22年6月期は270億円で同3.6%増にとどまる見通しで、400億円程度だった市場予想を大幅に下回る水準に。ACTISの売上計上本格化による初期ロットのコスト高が利益率の押し下げ要因となるもよう。高い収益成長への期待が高かっただけに、踊り場入りに失望感が優勢となる展開に。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »