株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比115円高の27965円~  8月11日07時40分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、デンソー<6902>、三井住友<8316>、ブリヂストン<5108>、資生堂<4911>、オムロン<6645>、日東電<6988>が堅調など、対東証比較(1ドル110.58円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の27965円。

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は162.82ドル高の35264.67ドル、ナスダックは72.09ポイント安の14788.09で取引を終了した。上院がインフラ包括法案で合意し、立法化した際、過去数十年で最大の公共投資で回復を強めるとの期待が強まり、寄り付き後、上昇。原油高が支援したほか景気循環株の買いも再燃し、ダウ平均株価は史上最高値を更新して引けた。一方、ハイテク株では利益確定売りが広がりナスダックは下落。

10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円40銭から110円60銭まで上昇して、110円58銭で引けた。米4-6月期非農業部門労働生産性速報値は予想を下回ったため、一時ドル売りが優勢となったが、根強いFRBの早期の緩和縮小を織り込む金利上昇に伴うドル買いに拍車がかかった。米議会上院がインフラ包括案で合意したことも材料視されたようだ。ユーロ・ドルは1.1725ドルから1.1710ドルの範囲内で推移し、1.1718ドルで引けた。8月の独ZEW景気期待指数の悪化を受けたユーロ売りが観測された。

NY原油先物9月限は反発(NYMEX原油9月限終値:68.29 ↑1.81)。


■ADR上昇率上位銘柄(10日)
<6361> 荏原 25.78ドル 5702円 (152円) +2.74%
<8309> 三井トラスト 3.42ドル 3782円 (84円) +2.27%
<5108> ブリヂストン 22.5ドル 4976円 (97円) +1.99%
<8306> 三菱UFJ 5.46ドル 604円 (10.9円) +1.84%
<6952> カシオ 172.94ドル 1912円 (24円) +1.27%


■ADR下落率上位銘柄(10日)
<1812> 鹿島 12.52ドル 1384円 (-46円) -3.22%
<2503> キリン 17.55ドル 1940円 (-42.5円) -2.14%
<6460> セガサミーHD 3.24ドル 1432円 (-20円) -1.38%
<9984> ソフトバンクG 30.5ドル 6745円 (-86円) -1.26%
<6753> シャープ 3.47ドル 1535円 (-17円) -1.1%


■その他ADR銘柄(10日)
<1925> 大和ハウス 29.57ドル 3270円 (11円)
<1928> 積水ハウス 19.67ドル 2175円 (18円)
<2503> キリン 17.55ドル 1940円 (-42.5円)
<2802> 味の素 27.37ドル 3027円 (21円)
<3402> 東レ 13.19ドル 729円 (0.4円)
<3407> 旭化成 21.35ドル 1180円 (7円)
<4523> エーザイ 82.61ドル 9135円 (7円)
<4901> 富士フイルム 71.98ドル 7960円 (21円)
<4911> 資生堂 69.37ドル 7671円 (43円)
<5108> ブリヂストン 22.5ドル 4976円 (97円)
<5201> AGC 8.72ドル 4824円 (-16円)
<6301> コマツ 24.31ドル 2688円 (20円)
<6503> 三菱電 27.59ドル 1525円 (6.5円)
<6586> マキタ 51.19ドル 5661円 (31円)
<6645> オムロン 88.25ドル 9759円 (39円)
<6702> 富士通 34.24ドル 18929円 (19円)
<6723> ルネサス 5.38ドル 1189円 (1円)
<6753> シャープ 3.47ドル 1535円 (-17円)
<6758> ソニーG 100.88ドル 11155円 (40円)
<6762> TDK 109.18ドル 12074円 (24円)
<6902> デンソー 35.21ドル 7787円 (63円)
<6954> ファナック 22.45ドル 24827円 (-18円)
<6988> 日東電 37.99ドル 8402円 (42円)
<7201> 日産自 11.03ドル 610円 (3円)
<7202> いすゞ 13.39ドル 1481円 (0円)
<7203> トヨタ 179.9ドル 9947円 (71円)
<7267> ホンダ 32.8ドル 3627円 (26円)
<7270> SUBARU 9.47ドル 2094円 (2.5円)
<7733> オリンパス 21.03ドル 2325円 (6.5円)
<7741> HOYA 155.61ドル 17207円 (102円)
<7751> キヤノン 23.77ドル 2628円 (13円)
<7752> リコー 9.82ドル 1085円 (2円)
<7912> 大日印 11.57ドル 2559円 (13円)
<7974> 任天堂 56.85ドル 50291円 (-519円)
<8001> 伊藤忠 60.64ドル 3353円 (7円)
<8002> 丸紅 81.07ドル 896円 (0.6円)
<8031> 三井物 476.2ドル 2633円 (18円)
<8053> 住友商 13.9ドル 1537円 (1.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.46ドル 604円 (10.9円)
<8309> 三井トラスト 3.42ドル 3782円 (84円)
<8316> 三井住友 6.9ドル 3815円 (46円)
<8411> みずほFG 2.9ドル 1603円 (10.5円)
<8591> オリックス 91.26ドル 2018円 (12円)
<8604> 野村HD 4.91ドル 543円 (1.8円)
<8766> 東京海上HD 49.21ドル 5442円 (32円)
<8802> 菱地所 15.36ドル 1699円 (-3円)
<9432> NTT 25.9ドル 2864円 (12円)
<9735> セコム 19.02ドル 8413円 (-19円)
<9983> ファーストリテイ 67ドル 74089円 (59円)
<9984> ソフトバンクG 30.5ドル 6745円 (-86円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »