株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は4日続伸、ファーストリテが1銘柄で約47円分押し上げ  8月11日12時33分

11日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり192銘柄、値下がり32銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は4日続伸。181.13円高の28069.28円(出来高概算5億9024万株)で前場の取引を終えている。

前日10日の米株式市場では、NYダウが162.82ドル高(+0.46%)と反発。超党派インフラ投資法案が米議会上院で可決され実現に向け前進したほか、原油高が支援した。一方、米長期金利の上昇を背景にナスダック総合指数は0.49%安と反落。米インフラ法案の上院可決や米長期金利の反発基調を追い風に、本日の日経平均は前日比157.69円高の28045.84円でスタートすると、取引開始直後に258.53円高の28146.68円まで上値を伸ばした。その後は戻り待ちの売り圧力に押され、上げ幅を縮めたものの、前日のような急失速の展開とはならずに、28000円台を維持する底堅い動きとなった。

個別では、第2四半期(4-6月)決算が大幅に市場予想を上振れ、業績上方修正や中間配当の増配を発表したブリヂストン<5108>が急伸。第4四半期(4-6月)大幅増益で22年6月期も市場予想を上回る見通しを示したアルバック<6728>は、半導体関連株安のなかでも大幅高。なお、アルバックは中計における23年6月期の収益目標を引き上げている。22年6月期の大幅増益・大幅増配計画が好感されたKeePer技研<6036>は値上がり率トップに。そのほか、業績上方修正や増配を発表したオークネット<3964>、第1四半期(4-6月)が好スタートとなったデジハHD<3676>、業績上方修正やアサカ理研<5724>との共同研究開発契約の締結を発表した東邦亜鉛<5707>、上半期業績予想を上方修正したパーソルHD<2181>、などが値上がり率上位となっている。

一方、第1四半期(4-6月)は営業増益も大型プロジェクトの受託合計が前年比で減少したIRJHD<6035>、業績予想の下方修正を発表したポピンズHD<7358>、第3四半期(4-6月)の収益モメンタム鈍化や業績の上方修正が発表されなかったことが失望感を誘ったテモナ<3985>、第1四半期(4-6月)は営業減益で市場予想も大きく下回ったイーレックス<9517>、四半期ベースの収益モメンタム鈍化や上方修正後の通期計画が物足りないと捉えられたMDV<3902>、などが大きく下落し値下がり率上位に並んだ。そのほか、好決算ながらも物足りなさや出尽くし感につながったところで、スター精密<7718>、I・PEX<6640>、セイコーHD<8050>、メック<4971>、チェンジ<3962>、などが値下がり率上位に入った。なお、前日に第1四半期決算(4-6月)を発表したソフトバンクG<9984>はビジョン・ファンド事業の順調さが確認された一方、中国株の先行き不透明感などが拭えず、朝高後に下落に転じている。

セクター別ではゴム製品、海運業、鉄鋼などが上昇率上位に並んでいる一方、精密機器、サービス業、情報・通信業の3業種が下落率上位に並んでいる。東証1部の値上がり銘柄は全体の66%、値下がり銘柄は29%となっている。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約47円押し上げた。同2位はダイキン<6367>となり、ブリヂストン<5108>、第一三共<4568>、スズキ<7269>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約39円押し下げた。同2位はアドバンテスト<6857>となり、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>、太陽誘電<6976>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  28069.28(+181.13)

値上がり銘柄数 192(寄与度+291.36)
値下がり銘柄数  32(寄与度-110.23)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    75340         1310 +47.17
<6367> ダイキン        25705         745 +26.83
<5108> ブリヂストン      5227         348 +12.53
<4568> 第一三共       2185.5         92.5 +9.99
<7269> スズキ          4820         229 +8.25
<6954> ファナック       25050         205 +7.38
<6971> 京セラ          6833          77 +5.55
<1925> 大和ハウス       3408         149 +5.37
<4021> 日産化学         5440         140 +5.04
<8830> 住友不          3712         131 +4.72
<2801> キッコーマン      7230         130 +4.68
<6301> コマツ         2784.5        116.5 +4.20
<7267> ホンダ          3658          57 +4.11
<4503> アステラス薬      1817          20 +3.60
<8058> 三菱商          3279          92 +3.31
<3382> 7&iHD           5000          90 +3.24
<9433> KDDI           3380          15 +3.24
<7951> ヤマハ          6390          90 +3.24
<6902> デンソー         7813          89 +3.21
<5301> 東海カ          1534          88 +3.17

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<8035> 東エレク        46130        -1070 -38.53
<6857> アドバンテ       9950         -330 -23.77
<9984> ソフトバンクG     6757         -74 -15.99
<2413> エムスリー       7085         -61 -5.27
<6976> 太陽誘電         5970         -140 -5.04
<4543> テルモ          4378         -29 -4.18
<6098> リクルートHD      5846         -36 -3.89
<7735> スクリン        10290         -280 -2.02
<2503> キリンHD       1928.5         -54 -1.94
<4063> 信越化         17840         -40 -1.44
<4151> 協和キリン       3495         -40 -1.44
<4704> トレンド         5630         -30 -1.08
<4911> 資生堂          7605         -23 -0.83
<4751> サイバー         1993         -23 -0.66
<7832> バンナムHD       7444         -17 -0.61
<4755> 楽天           1328         -17 -0.61
<7731> ニコン          1137         -12 -0.43
<3436> SUMCO           2361         -113 -0.41
<2432> DeNA         1965         -35 -0.38
<5631> 日製鋼          2902         -41 -0.30



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »