株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

デジハHDが中段もみ合い上放れ、4~6月期営業益4倍化受け3か月ぶり新高値  8月11日10時00分

 デジタルハーツホールディングス<3676.T>がマドを開けて大幅高、中段もみ合いを一気に上放れた。5月12日につけた高値1709円をブレークし約3カ月ぶりに年初来高値を更新した。同社はモバイル向けゲームソフトの不具合検査(デバッグ)を主要業務とするが、コロナ禍でゲーム需要が高まるなか収益機会が広がっており、業績拡大に反映させている。10日取引終了後に発表した21年4~6月期決算は営業利益が前年同期比4倍の6億3600万円と急増、これを評価する形で投資資金が流入している。株式需給面でも信用取組は買い長ながら買い残が14万株程度と少なく、戻り売り圧力は限定的で上値が軽い。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=ビザスク、好環境背景にした連続大幅増益に期待
東邦鉛がマド開け急騰、今3月期営業益大幅増額とアサカ理研との共同研究発表も材料視◇
11日韓国・KOSPI=寄り付き3235.36(-7.83)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »