株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅に3日続落、ファーストリテの1銘柄で約72円押し下げ  8月16日12時24分

16日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり13銘柄、値下がり210銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は大幅に3日続落。536.03円安の27441.12円(出来高概算5億4524万株)で前場の取引を終えている。前週末13日の米株式市場では主要株価指数は揃って小幅に上昇。NYダウおよび機関投資家の多くがベンチマークとするS&P500種株価指数はともに史上最高値を更新した。8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が10年ぶりの低水準に落ち込んだことが景気回復への期待を後退させたが、企業の好決算や金融緩和長期化への期待が下支えした。ただ、国内の新型コロナウイルス感染状況や対ドルでの円高などを背景に、本日の日経平均は171.04円安の27806.11円でスタートすると、そのまま寄り付き直後には481.08円安の27496.07円まで下げ幅を拡げた。その後、下げ渋って一時は27500円を回復したものの、前引けにかけては再び値を崩し、本日の安値で前場を終えている。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約109円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは日本通運<9062>で13.29%安、同2位は安川電機<6506>で5.11%安だった。日本通運は、先週末に第1四半期の決算を発表、営業利益は201億円で前年同期比4.5倍の水準となっている。ただ、利益計画据え置きをネガティブに捉える動きが先行。

一方、値上がり寄与トップは富士フイルム<4901>、同2位は第一三共<4568>となり、2銘柄で日経平均を約28円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは富士フイルムで7.32%高、同2位はシチズン時計<7762>で7.31%高だった。富士フイルムは、好調な第1四半期決算及び通期予想の引き上げが評価されている。シチズン時計は、先週末に第1四半期決算を発表、営業損益は42.3億円の黒字で前年同期比98.8億円の損益改善。また、通期予想は従来の100億円から138億円にまで上方修正している。


*11:30現在


日経平均株価  27441.12(-536.03)

値上がり銘柄数  13(寄与度+37.76)
値下がり銘柄数 210(寄与度-573.79)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<4901> 富士フイルム      8560     584 +21.03
<4568> 第一三共         2359     62.5 +6.75
<8035> 東エレク        44670     170 +6.12
<6361> 荏原           5770     210 +1.51
<7762> シチズン時計       470      32 +1.15
<9101> 郵船           8210     170 +0.61
<2282> 日本ハム         4145      10 +0.18
<9104> 商船三井         7330      30 +0.11
<4506> 大日住薬         1903       3 +0.11
<5411> JFEHD           1674      20 +0.07
<5631> 日製鋼          2642       9 +0.06
<9107> 川崎船          4985      10 +0.04
<9502> 中部電         1353.5       2 +0.01

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    73420    -2010 -72.38
<9984> ソフトバンクG     6477     -170 -36.73
<6954> ファナック       23505     -945 -34.03
<6098> リクルートHD      6091     -259 -27.98
<4063> 信越化         17465     -465 -16.75
<2413> エムスリー       6988     -171 -14.78
<2801> キッコーマン      6880     -350 -12.60
<6645> オムロン         9510     -350 -12.60
<6971> 京セラ          6640     -173 -12.46
<6506> 安川電          5390     -290 -10.44
<4519> 中外薬          4014     -94 -10.16
<6758> ソニー         10890     -275 -9.90
<4503> アステラス薬      1739    -49.5 -8.91
<4543> テルモ          4296     -61 -8.79
<6988> 日東電          8210     -230 -8.28
<9433> KDDI           3335     -38 -8.21
<6857> アドバンテ       9160     -110 -7.92
<6762> TDK           11660     -220 -7.92
<4523> エーザイ         8973     -206 -7.42
<4911> 資生堂          7416     -193 -6.95



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »