株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は4日続落、ソフトバンクGとエムスリーの2銘柄で約36円分押し下げ  8月17日16時39分

8月17日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり64銘柄、値下がり156銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は4日続落。16日の米国市場でNYダウは110ドル高と5日続伸し、連日で過去最高値を更新した。世界経済の減速懸念や地政学リスクの高まりから売りが出る一方、ヘルスケア関連株や小売株に買いが入った。前日に大幅下落していた日経平均はNYダウ上昇による反発期待で143円高からスタートすると、朝方には一時27750.39円(前日比227.20円高)まで上昇。しかし、新型コロナウイルス感染拡大などで先行き懸念は根強く、香港・上海株安も重しとなって後場マイナス転換すると安値引けした。

大引けの日経平均は前日比98.72円安の27424.47円となった。東証1部の売買高は9億5419万株、売買代金は2兆0684億円だった。業種別では、空運業、鉄鋼、石油・石炭製品が下落率上位だった。一方、海運業、倉庫・運輸関連業、医薬品が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の67%、対して値上がり銘柄は28%となった。

値下がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約19円押し下げた。同2位はエムスリー<2413>となり、東エレク<8035>、アドバンテ<6857>、資生堂<4911>、ソニーG<6758>、リクルートHD<6098>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップはテルモ<4543>となり1銘柄で日経平均を約7円押し上げた。同2位は第一三共<4568>となり、中外薬<4519>、富士フイルム<4901>、日産化学<4021>、コナミHD<9766>、アステラス薬<4503>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  27424.47(-98.72)

値上がり銘柄数  64(寄与度+68.58)
値下がり銘柄数 156(寄与度-167.30)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4543> テルモ          4362           51 +7.35
<4568> 第一三共         2417           67 +7.24
<4519> 中外薬          4069           53 +5.73
<4901> 富士フイルム      8639          122 +4.39
<4021> 日産化学         5530          110 +3.96
<9766> コナミHD         6610           90 +3.24
<4503> アステラス薬      1763           16 +2.88
<2801> キッコーマン      7090           80 +2.88
<2502> アサヒ          5127           71 +2.56
<4063> 信越化         17650           60 +2.16
<4507> 塩野義          6529           48 +1.73
<6724> エプソン         2104           24 +1.73
<9613> NTTデータ        1796           9 +1.62
<6645> オムロン         9700           40 +1.44
<2802> 味の素          3031         38.5 +1.39
<4578> 大塚HD          4668           36 +1.30
<9433> KDDI           3340           5 +1.08
<8058> 三菱商          3286           30 +1.08
<2282> 日本ハム         4205           55 +0.99
<8001> 伊藤忠          3375           25 +0.90

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6418          -87 -18.80
<2413> エムスリー       6773         -197 -17.03
<8035> 東エレク        44600         -330 -11.88
<6857> アドバンテ       9070         -160 -11.52
<4911> 資生堂          7160         -264 -9.51
<6758> ソニー         10720         -195 -7.02
<6098> リクルートHD      6000          -61 -6.59
<7269> スズキ          4658         -147 -5.29
<6762> TDK           11650          -90 -3.24
<5301> 東海カ          1534          -82 -2.95
<6367> ダイキン        25845          -80 -2.88
<9983> ファーストリテ    73150          -70 -2.52
<6988> 日東電          8160          -70 -2.52
<6954> ファナック       23705          -65 -2.34
<8015> 豊通商          5280          -60 -2.16
<7203> トヨタ          9753          -60 -2.16
<6952> カシオ          1750          -59 -2.12
<3659> ネクソン         2148          -28 -2.02
<1721> コムシスHD       2926          -54 -1.94
<6971> 京セラ          6621          -26 -1.87




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »