株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は5日ぶりに反発、ソフトバンクGが1銘柄で約21円分押し上げ  8月18日12時42分

18日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり153銘柄、値下がり67銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は5日ぶりに反発。155.37円高の27579.84円(出来高概算4億9424万株)で前場の取引を終えている。

17日の米株式市場では、NYダウが282.12ドル安(-0.79%)と6日ぶりに反落。史上最高値付近で推移するなか、7月小売売上高が予想以上に落ち込んだことが売りを誘発。米国内での新型コロナ感染による入院患者の急増を警戒した売りも根強かった。米国経済の先行き不透明感を嫌気した米株安を受けて、本日の日経平均は6.39円安の27418.08円でスタート。直後に27347.77円まで下げ幅を拡げたが、前日に時間外の米株価指数先物の下落を映してすでに米株安を織り込んでいたことや、27500円割れの水準では押し目買いも根強く、下げ渋ると、まもなくプラスに転じた。その後も断続的な買いが続き、前引けまでじり高基調となった。

個別では、期末配当金の増額を発表し、プライム市場基準充足へ向けた取り組みを図っていくとしたヒマラヤ<7514>が急伸、メディパルHD<7459>との資本業務提携を発表した日医工<4541>などと並んで値上がり率上位に入っている。また、未定だった22年6月期予想を発表し、2桁営業増益見通しとしたウェルネット<2428>、投資判断の格上げが観測されたマツダ<7261>なども大幅高に。一部のインターネット記事において売電価格の不正操作について取り上げられていたエフオン<9514>は、当該事実がなかったことを公表し、警戒感の後退で急伸している。

一方、22年6月期営業利益予想が市場予想を大幅に下回ったパンパシHD<7532>が急落。株式売出実施による需給悪化懸念が台頭したOBC<4733>も大幅に下落した。そのほか、前日に賑わっていた中小型の海運株に利益確定売りが目立っており、玉井商船<9127>、大運<9363>、飯野海運<9119>、NSユナイテッド海運<9110>、東海運<9380>、乾汽船<9308>などが値下がり率上位に並んでいる。

東証1部の売買代金上位では、日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>の大手海運3社のほか楽天グループ<4755>などが大きく下落。そのほか、東エレク<8035>、任天堂<7974>、日本製鉄<5401>、JFEHD<5411>、資生堂<4911>、ダイキン<6367>などがさえない。一方、ソフトバンクG<9984>、レーザーテック<6920>、ソニーG<6758>、富士フイルム<4901>、リクルートHD<6098>、中外製薬<4519>などが堅調で、ファナック<6954>、JAL<9201>、三井住友<8316>などが小じっかり。

セクター別では繊維製品、その他金融業、建設業などが上昇率上位に並んでいる一方、海運業、鉄鋼、鉱業などが下落率上位に並んでいる。東証1部の値上がり銘柄は全体の69%、値下がり銘柄は24%となっている。

値上がり寄与トップはソフトバンクGとなり1銘柄で日経平均を約21円押し上げた。同2位はテルモ<4543>となり、エムスリー<2413>、日産化学<4021>、中外製薬<4519>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約12円押し下げた。同2位はコナミHD<9766>となり、ダイキン、資生堂、楽天グループなどがつづいた。

*11:30現在


日経平均株価  27579.84(+155.37)

値上がり銘柄数 153(寄与度+205.23)
値下がり銘柄数  67(寄与度-49.86)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6513           95 +20.53
<4543> テルモ          4469          107 +15.41
<2413> エムスリー       6916          143 +12.36
<4021> 日産化学         5770          240 +8.64
<4519> 中外薬          4149           80 +8.64
<6098> リクルートHD      6079           79 +8.53
<4503> アステラス薬      1810           47 +8.46
<4901> 富士フイルム      8857          218 +7.85
<4523> エーザイ         9226          215 +7.74
<6758> ソニー         10920          200 +7.20
<4063> 信越化         17840          190 +6.84
<6857> アドバンテ       9150           80 +5.76
<9433> KDDI           3364           24 +5.19
<9735> セコム          8456          117 +4.21
<6988> 日東電          8260          100 +3.60
<4151> 協和キリン       3540           90 +3.24
<7733> オリンパス      2227.5           22 +3.17
<4452> 花王           6714           82 +2.95
<4578> 大塚HD          4746           78 +2.81
<7269> スズキ          4730           72 +2.59

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        44270         -330 -11.88
<9766> コナミHD         6450         -160 -5.76
<6367> ダイキン        25695         -150 -5.40
<4911> 資生堂          7043         -117 -4.21
<4755> 楽天           1122          -73 -2.63
<7951> ヤマハ          6120          -50 -1.80
<6506> 安川電          5350          -50 -1.80
<4324> 電通G           4035          -30 -1.08
<9983> ファーストリテ    73120          -30 -1.08
<7731> ニコン          1134          -29 -1.04
<2802> 味の素          3007          -24 -0.86
<9104> 商船三井         7220         -230 -0.83
<9101> 郵船           8150         -220 -0.79
<4704> トレンド         5730          -20 -0.72
<6952> カシオ          1731          -19 -0.68
<3659> ネクソン         2139           -9 -0.65
<3099> ミツコシイセタン    707          -18 -0.65
<6326> クボタ          2229          -15 -0.54
<6305> 日立建          3035          -15 -0.54
<7267> ホンダ          3486           -7 -0.50



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »