株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般軟調、シカゴは大阪比185円安の27415円~  8月19日07時41分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル109.78円換算)で全般軟調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比185円安の27415円。

米国株式市場は続落。ダウ平均は382.59ドル安の34960.69ドル、ナスダックは130.27ポイント安の14525.91で取引を終了した。バイデン政権のインフラ案法制化への期待が後退したほか、連邦準備制度理事会(FRB)が公表する7月開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨への警戒感から寄り付き後、下落。その後も、様子見気配が強まり、もみあいが続いた。議事要旨の中で、年内の緩和縮小の可能性が示唆されると警戒感が強まり、引けにかけて売りにさらに拍車がかかった。

18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円72銭から110円07銭まで上昇し、109円76銭で引けた。ブラード米セントルイス連銀総裁のタカ派発言に加えて、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が早期の緩和縮小を示唆するとの思惑に金利上昇に伴うドル買いに拍車がかかった。公表された議事要旨では、緩和縮小の時期を巡り見解が依然分かれたことが明らかになったことから、長期金利は伸び悩み、ドル買いは後退した。ユーロ・ドルは1.1694ドルまで下落後、1.1742ドルまで上昇して1.1709ドルで引けた。

NY原油先物9月限は大幅続落(NYMEX原油10月限終値:65.21 ↓1.13)。


■ADR上昇率上位銘柄(18日)
<8309> 三井トラスト 3.38ドル 3707円 (62円) +1.7%
<1812> 鹿島 13.26ドル 1456円 (24円) +1.68%
<5201> AGC 9.3ドル 5106円 (76円) +1.51%
<8766> 東京海上HD 49.14ドル 5395円 (21円) +0.39%
<3401> 帝人 14.76ドル 1620円 (4円) +0.25%


■ADR下落率上位銘柄(18日)
<8303> 新生銀 2.49ドル 1367円 (-56円) -3.94%
<6753> シャープ 3.38ドル 1486円 (-32円) -2.11%
<6460> セガサミーHD 3.02ドル 1326円 (-28円) -2.07%
<6361> 荏原 25.2ドル 5533円 (-107円) -1.9%
<6448> ブラザー 42.01ドル 2306円 (-36円) -1.54%


■その他ADR銘柄(18日)
<1925> 大和ハウス 29.75ドル 3266円 (-31円)
<1928> 積水ハウス 19.88ドル 2182円 (-2.5円)
<2503> キリン 17.8ドル 1954円 (-11円)
<2802> 味の素 27.43ドル 3011円 (2円)
<3402> 東レ 13.46ドル 739円 (-5.6円)
<3407> 旭化成 21.29ドル 1169円 (-7.5円)
<4523> エーザイ 84.07ドル 9229円 (-14円)
<4704> トレンド 52.3ドル 5741円 (1円)
<4901> 富士フイルム 80.95ドル 8887円 (-33円)
<4911> 資生堂 64.06ドル 7033円 (-30円)
<5108> ブリヂストン 22.86ドル 5019円 (-38円)
<5201> AGC 9.3ドル 5106円 (76円)
<6301> コマツ 24.66ドル 2707円 (-20円)
<6503> 三菱電 26.23ドル 1440円 (-14.5円)
<6586> マキタ 53.64ドル 5889円 (9円)
<6645> オムロン 89.04ドル 9775円 (-35円)
<6702> 富士通 34.55ドル 18964円 (29円)
<6723> ルネサス 5.1ドル 1119円 (-10円)
<6753> シャープ 3.38ドル 1486円 (-32円)
<6758> ソニーG 98.31ドル 10792円 (-108円)
<6762> TDK 106.28ドル 11667円 (-63円)
<6902> デンソー 34.78ドル 7636円 (-70円)
<6954> ファナック 21.5ドル 23603円 (-292円)
<6988> 日東電 37.52ドル 8238円 (-2円)
<7201> 日産自 10.53ドル 578円 (-3円)
<7202> いすゞ 13.24ドル 1453円 (-10円)
<7203> トヨタ 175.73ドル 9646円 (-79円)
<7267> ホンダ 31.56ドル 3465円 (-15円)
<7270> SUBARU 9.6ドル 2108円 (-17円)
<7733> オリンパス 20.39ドル 2238円 (-3円)
<7741> HOYA 153.61ドル 16864円 (-46円)
<7751> キヤノン 23.71ドル 2603円 (-27円)
<7912> 大日印 11.75ドル 2579円 (-6円)
<7974> 任天堂 59.03ドル 51844円 (-426円)
<8001> 伊藤忠 61.52ドル 3377円 (-14円)
<8002> 丸紅 82.21ドル 903円 (-3.1円)
<8031> 三井物 467.28ドル 2565円 (-9円)
<8053> 住友商 14.12ドル 1550円 (-11円)
<8306> 三菱UFJ 5.47ドル 600円 (-1.5円)
<8309> 三井トラスト 3.38ドル 3707円 (62円)
<8316> 三井住友 6.89ドル 3782円 (-18円)
<8411> みずほFG 2.89ドル 1586円 (-6円)
<8591> オリックス 91.65ドル 2012円 (-15.5円)
<8604> 野村HD 4.86ドル 534円 (-2.9円)
<8766> 東京海上HD 49.14ドル 5395円 (21円)
<8802> 菱地所 15.35ドル 1685円 (-15円)
<9432> NTT 25.84ドル 2837円 (-4.5円)
<9735> セコム 18.89ドル 8295円 (-55円)
<9983> ファーストリテイ 66.87ドル 73409円 (-391円)
<9984> ソフトバンクG 29.29ドル 6431円 (-35円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »