株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、東エレクとアドバンテの2銘柄で約79円分押し下げ  8月19日16時27分

8月19日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり31銘柄、値下がり190銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は反落。18日の米国市場でNYダウは続落し、382ドル安となった。景気減速懸念がくすぶるなか、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で年内にも量的緩和の縮小(テーパリング)を開始する可能性が示唆され、売りに拍車がかかった。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで187円安からスタートすると、その後も香港などアジア株下落を背景に軟調推移。後場にトヨタ自<7203>が9月の生産縮小報道を受けて値を崩すと、日経平均も引けにかけて一時27255.58円(前日比330.33円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前日比304.74円安の27281.17円となった。終値としては1月6日以来の安値水準となる。東証1部の売買高は10億7624万株、売買代金は2兆3841億円だった。業種別では、鉄鋼、海運業、鉱業が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのは医薬品と食料品の2業種のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の82%、対して値上がり銘柄は15%となった。

値下がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約54円押し下げた。同2位はアドバンテ<6857>となり、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、トヨタ<7203>、デンソー<6902>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップは中外薬<4519>となり1銘柄で日経平均を約20円押し上げた。同2位はNTTデータ<9613>なり、塩野義<4507>、アステラス薬<4503>、オリンパス<7733>、第一三共<4568>、日産化学<4021>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  27281.17(-304.74)

値上がり銘柄数  31(寄与度+87.15)
値下がり銘柄数 190(寄与度-391.89)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4519> 中外薬          4301          186 +20.09
<9613> NTTデータ        1868           64 +11.52
<4507> 塩野義          6786          266 +9.58
<4503> アステラス薬     1841.5         41.5 +7.47
<7733> オリンパス      2281.5         40.5 +5.83
<4568> 第一三共         2456           53 +5.73
<4021> 日産化学         5840          110 +3.96
<4543> テルモ          4500           27 +3.89
<2801> キッコーマン      7160           80 +2.88
<4151> 協和キリン       3585           70 +2.52
<4704> トレンド         5800           60 +2.16
<3382> 7&iHD           4846           59 +2.12
<5332> TOTO           5920          100 +1.80
<6724> エプソン         2149           18 +1.30
<1721> コムシスHD       2991           26 +0.94
<2503> キリンHD         1987           22 +0.79
<4751> サイバー         1961           23 +0.66
<6770> アルプスアル      1079           17 +0.61
<2269> 明治HD          6720           70 +0.50
<2802> 味の素          3022           13 +0.47

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        42820         -1510 -54.38
<6857> アドバンテ       8880         -340 -24.49
<9983> ファーストリテ    73240         -560 -20.17
<9984> ソフトバンクG     6382          -84 -18.15
<6954> ファナック       23400         -495 -17.83
<7203> トヨタ          9295         -430 -15.48
<6902> デンソー         7372         -334 -12.03
<6758> ソニー         10605         -295 -10.62
<6976> 太陽誘電         5670         -260 -9.36
<6971> 京セラ          6524         -116 -8.35
<8015> 豊通商          5050         -230 -8.28
<7267> ホンダ          3385          -95 -6.84
<6762> TDK           11550         -180 -6.48
<4063> 信越化         17605         -180 -6.48
<4911> 資生堂          6884         -179 -6.45
<6098> リクルートHD      6041          -56 -6.05
<8031> 三井物         2417.5        -156.5 -5.64
<6988> 日東電          8090         -150 -5.40
<6506> 安川電          5250         -130 -4.68
<7735> スクリン         8900         -630 -4.54



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »