株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日ぶり大幅反発、海外株高受け反発期待、一時528円高  8月23日16時02分

日経平均は3日ぶり大幅反発。20日の米国市場でNYダウは4日ぶりに反発し、225ドル高となった。引き続き経済の先行き懸念がくすぶっていたが、金融緩和の早期縮小への警戒感が和らいだこともあり、買い戻しの動きが優勢だった。前週に960円あまり下落していた日経平均も米国高を受けて自律反発が期待され、週明けの本日は179円高からスタート。このところ軟調だった香港・上海株が反発したことも支援材料となって上げ幅を広げ、後場には27541.63円(前週末比528.38円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比480.99円高の27494.24円となった。東証1部の売買高は9億4416万株、売買代金は2兆3103億円だった。業種別では、海運業、輸送用機器、電気機器が上昇率上位で、その他も全般堅調。鉱業のみ若干ながら下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の89%、対して値下がり銘柄は9%となった。

個別では、直近値を崩していたトヨタ自<7203>や郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株が大幅反発。川崎船<9107>やデンソー<6902>は6%を超える上昇となった。証券会社の投資判断・目標株価引き上げが観測されたソニーG<6758>やキーエンス<6861>
も上げが目立った。その他、東エレク<8035>やレーザーテック<6920>が堅調で、任天堂<7974>は小高い。また、邦アセチレン<4093>やDスタンダード<3925>はストップ高水準で取引を終えた。医療用酸素や再生可能エネルギーを巡りテーマ物色が活発となったようだ。一方、売買代金上位ではソフトバンクG<9984>が逆行安となり、連日で
年初来安値を更新。傘下の英アームを巡り、当局が米エヌビディアによる買収に懸念を示したと伝わった。富士急ハイランドでの事故を受けて富士急<9010>も軟調。また、立会外分売の実施を発表した橋本総業HD<7570>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »