株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ヤクルトや住友化学などに注目  9月06日02時59分

24日の米国市場では、NYダウが30.55ドル高の35366.26と締まり、ナスダック総合指数は77.15pt高の15019.80で史上最高値を更新。シカゴ日経225先物は小高く大阪日中比25円高の27765。25日早朝の為替は1ドル=109.60-70円(昨日午後3時は109.82円)。本日の東京市場では、米国株や米10年債利回りの上昇から三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>など大手金融株が商いを膨らませて上昇し、トヨタ<7203>、TDK<6762>もしっかりの展開となろう。昨日大引け後の好材料開示銘柄では、2021年7月期の最高益予想を引き上げた内田洋行<8057>や2021年9月期の配当増額を発表したIMV<7760>も値上がりが期待できよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたヤクルト<2267>、味の素<
2802>、住友化学<4005>、日産化学<4021>、カネカ<4118>、DIC<4631>、ニチアス<5393>、牧野フライス<6135>、セガサミーHD<6460>、マキタ<6586>、富士通<6702>、カシオ
<6952>、新光電気工業<6967>、シマノ<7309>、HOYA<7741>、MS&AD<8725>、東京海上<
8766>、T&DHD<8795>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »