株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:反落、フリーなどが重し、上値の重さが意識される展開継続  8月25日16時00分

25日のマザーズ先物は前日比2.0pt安の1072.0ptとなった。なお、高値は1083.0pt、安値は1065.0pt、取引高は4248枚。本日のマザーズ先物は、米国市場やナイトセッションが小幅上昇となったものの、横ばいでスタートした。現物株の寄り付き後は、時価総額上位のメルカリ<4385>やプレミアアンチエイジング<4934>が上げ幅を拡大して相場を下支えし、マザーズ先物は9.0pt高まで上昇する場面があった。しかし、フリー<4478>やヘリオス<4593>、ウェルスナビ<7342>など時価総額上位銘柄が下落して相場の重しとなり、マザーズ先物はマイナスに転じ、反落して取引を終了した。このほか、東証1部市場が前引け間際に値を消したことで、個人投資家のリスクセンチメントが低下し、相場の上値を抑えたようである。日足チャートは、降りてきた25日線にかぶさる形で陰線となり、昨日に続き上値の重さが意識される展開となった。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »