株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オプトランは反落、顧客の設備投資需要想定下回り21年12月期業績予想を下方修正  8月25日09時10分

 オプトラン<6235.T>は反落している。24日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を381億円から303億円(前期比19.2%減)へ、営業利益を90億円から68億円(同21.2%減)へ、純利益を70億円から56億円(同17.6%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 世界的な半導体不足や新型コロナウイルスの蔓延などにより、顧客の設備投資需要が想定を下回り、装置売上高が計画を下振れる見通しであることが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
三栄建築が3日続伸、21年8月期業績及び配当予想を上方修正
INPEX、石油資源など資源開発関連は買い優勢、原油市況が連日急騰で株価刺激◇
三菱UFJ、第一生命HDなど買い優勢、ワクチン普及期待で米10年債利回り急上昇◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »