株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:クロスフォーは大幅高、Jフロンティアがストップ高  8月30日16時15分

<2934> Jフロンティア 4020 +700
ストップ高。前営業日の27日に公開価格(4190円)を15.0%下回る3560円で初値を付けていた。その後も売り優勢で推移し、同日の終値は3320円だった。ただ、同社の22年5月期の営業利益予想は前期比27.1%増の8.53億円。医療プラットフォームサービスを展開するメディカルケアセールス事業を中心に堅調な業績を見込んでいるだけに、公開価格に比べて下げすぎているとの見方から買い戻しが入っているようだ。

<6195> ホープ 545 -62
大幅反落。第三者割当で新株約1.5億円分と新株予約権5万個(潜在株式数500万株)、無担保社債10億円を発行すると発表している。新株と新株予約権による調達資金約28.6億円は、エネルギー事業での電源調達費用や社債償還などに充当する。社債による調達資金も電源調達費用に充てる。5月に発行した第9回新株予約権は取得・消却する。また、SMSの法人向け送信サービスを展開するメディア4u(東京都中央区)と資本業務提携する。

<3936> グローバルW 5240 +705
ストップ高。22年3月期の純損益を従来予想の0.95億円の黒字から1.23億円の黒字(前期実績1.87億円の赤字)に上方修正している。保有するエモーションテック(東京都千代田区)株式全てをプレイド<4165>へ売却し、投資有価証券売却益約0.49億円を特別利益として計上する。営業損益予想は0.10億円の黒字(同3.62億円の赤字)で変更なし。信用取引に関する規制が30日付で解除されたことも買いを後押ししているようだ。

<7810> クロスフォー 252 +26
大幅高。宝石のセッティング方法である「Dancing Stone」に関連する知的財産権の非独占的利用に加え、Dancing Stoneの製造に必要なパーツを購入する権利を付与するライセンス契約書をインド企業4社と締結したと発表している。Dancing Stoneは、人間のわずかな動きによってダイヤモンドが「輝き続ける」ことができるセッティング方法で、宝石がまるで踊っているように見えるという。

<4888> ステラファーマ 457 +26
大幅に続伸。リゾートトラスト<4681>の子会社ハイメディック(東京都渋谷区)と業務提携契約を締結したと発表している。両社が研究開発や事業展開を進めるBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)の発展と、がん治療分野でのシナジー効果をもたらすことが目的。ハイメディックは会員制総合メディカル倶楽部を運営しており、BNCTの開発では子会社が国立がん研究センター中央病院にBNCT用加速器システム「CICS-1」を設置している。

<4475> HENNGE 5020 +370
大幅に4日続伸。一部メディアが「特定の企業や組織を狙い、マルウエア(悪意のあるプログラム)付きのメールを送りつける『標的型攻撃』の対策サービスを10月1日に始める」と報じ、買い材料視されている。報道によると、HENNGEのID管理サービスと連携するクラウドに送られたメールに対し、「先回りして診断することで、安全性を高められると提案する」という。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »