株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続伸、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約78円分押し上げ  8月31日16時23分

8月31日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり122銘柄、値下がり96銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は大幅続伸。30日の米国市場でNYダウは反落し、55ドル安となった。各種経済指標が市場予想を下回り、長期金利の低下とともに景気敏感株を中心に利益確定売りが出た。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで98円安からスタートすると、朝方には一時27602.21円(前日比187.08円安)まで下落。ただ、米連邦準備理事会(FRB)の緩和姿勢が株式相場を下支えするとの期待は根強く、後場になると自民党役員人事を巡る報道が伝わって政権浮揚に期待した買いも入り、強含みの展開となった。

大引けの日経平均は前日比300.25円高の28089.54円となった。終値としては7月15日以来の高値で、28000円台を回復したのは今月12日以来となる。東証1部の売買高は12億3524万株、売買代金は3兆0137億円だった。業種別では、海運業、鉄鋼、精密機器が上昇率上位だった。一方、空運業、陸運業、電気・ガス業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の48%、対して値下がり銘柄は46%となった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約54円押し上げた。同2位は東エレク<8035>となり、テルモ<4543>、エムスリー<2413>、ファナック<6954>、ダイキン<6367>、リクルートHD<6098>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはKDDI<9433>となり1銘柄で日経平均を約7円押し下げた。同2位はネクソン<3659>となり、京王<9008>、小田急<9007>、電通グループ<4324>、安川電機<6506>、京成<9009>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  28089.54(+300.25)

値上がり銘柄数 122(寄与度+337.94)
値下がり銘柄数  96(寄与度-37.69)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    72520          1490 +53.66
<8035> 東エレク        47240           670 +24.13
<4543> テルモ          4597           121 +17.43
<2413> エムスリー       7401           184 +15.90
<6954> ファナック       23990           435 +15.66
<6367> ダイキン        27405           410 +14.76
<6098> リクルートHD      6500           124 +13.40
<6857> アドバンテ       9520           180 +12.96
<4063> 信越化         18205           305 +10.98
<7733> オリンパス      2311.5          71.5 +10.30
<4901> 富士フイルム      9068           256 +9.22
<4568> 第一三共       2614.5          70.5 +7.62
<4519> 中外薬          4308           66 +7.13
<6971> 京セラ          6846           98 +7.06
<9984> ソフトバンクG     6181           29 +6.27
<7951> ヤマハ          6490           140 +5.04
<9613> NTTデータ        1981           27 +4.86
<4523> エーザイ         9086           131 +4.72
<4021> 日産化学         6170           130 +4.68
<2801> キッコーマン      8260           130 +4.68

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9433> KDDI           3370           -34 -7.35
<3659> ネクソン         2010           -67 -4.83
<9008> 京王           5920          -230 -1.66
<9007> 小田急          2564           -86 -1.55
<4324> 電通G           4080           -40 -1.44
<6506> 安川電          5380           -40 -1.44
<9009> 京成           3385           -75 -1.35
<9022> JR東海         16125          -290 -1.04
<8830> 住友不          3552           -29 -1.04
<8697> JPX          2619           -24 -0.86
<8802> 菱地所          1721           -21 -0.76
<9001> 東武           2871           -93 -0.67
<6501> 日立           6085           -85 -0.61
<8252> 丸井G           1962           -16 -0.58
<8253> クレセゾン       1252           -15 -0.54
<3099> ミツコシイセタン    738           -13 -0.47
<1925> 大和ハウス       3356           -13 -0.47
<2282> 日本ハム         4265           -25 -0.45
<1802> 大林組           906           -12 -0.43
<9005> 東急           1515           -24 -0.43



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »