株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比110円安の28070円~  9月01日07時33分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、HOYA<7741>、コマツ<6301>が小じっかり。半面、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士通<6702>、オムロン<6645>、セコム<9735>、TDK<6762>が冴えないなど、対東証比較(1ドル110.01円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円安の28070円。

米国株式市場は下落。ダウ平均は39.11ドル安の35360.73ドル、ナスダックは6.66ポイント安の15259.23で取引を終了した。予想を下回った8月シカゴ購買部協会景気指数や消費者信頼感指数に失望し、寄り付き後、下落。月末で、利益確定売りも目立ち、終日軟調に推移した。

8月31日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円59銭まで下落後、110円08銭まで上昇し、110円01銭で引けた。米国の8月シカゴ購買部協会景気指数や8月消費者信頼感指数が予想を下回ったため、ドル売りが強まった。その後、月末のフィキシングにかけたドル買いが強まったほか、欧州中央銀行(ECB)高官のタカ派発言を受けた域内債券相場の下落に連れて米長期金利は上昇したため、ドル買いが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1840ドルから1.1797ドルまで下落し、1.1810ドルで引けた。オーストリア中央銀行のホルツマン総裁やオランダ中央銀行のクノット総裁がコロナ危機対策削減を進めるべきとの考えを示し、ユーロ買いが強まったが、実需のドル買いが観測されており、ユーロは伸び悩んだ。

NY原油先物10月限は反落(NYMEX原油10月限終値:68.50 ↓0.71)。


■ADR上昇率上位銘柄(31日)
<8303> 新生銀 2.6ドル 1430円 (65円) +4.76%
<5802> 住友電 13.71ドル 1508円 (37.5円) +2.55%
<6448> ブラザー 41.82ドル 2300円 (42円) +1.86%
<8309> 三井トラスト 3.32ドル 3652円 (54円) +1.5%
<6361> 荏原 25.28ドル 5562円 (82円) +1.5%


■ADR下落率上位銘柄(31日)
<6770> アルプス 20.28ドル 1116円 (-38円) -3.29%
<6952> カシオ 149.6ドル 1646円 (-53円) -3.12%
<5631> 日製鋼 11.48ドル 2526円 (-76円) -2.92%
<6753> シャープ 3.23ドル 1421円 (-32円) -2.2%
<8604> 野村HD 4.78ドル 526円 (-7.6円) -1.42%


■その他ADR銘柄(31日)
<1925> 大和ハウス 30.42ドル 3347円 (-9円)
<1928> 積水ハウス 20.05ドル 2206円 (13円)
<2503> キリン 18ドル 1980円 (-14円)
<2802> 味の素 29.52ドル 3248円 (4円)
<3402> 東レ 13.46ドル 740円 (-1.8円)
<3407> 旭化成 20.62ドル 1134円 (-2円)
<4523> エーザイ 82.58ドル 9085円 (-1円)
<4901> 富士フイルム 82.49ドル 9075円 (7円)
<4911> 資生堂 66.2ドル 7283円 (-10円)
<5108> ブリヂストン 22.96ドル 5052円 (-12円)
<5201> AGC 9.58ドル 5269円 (-51円)
<5802> 住友電 13.71ドル 1508円 (37.5円)
<6301> コマツ 24.45ドル 2690円 (27.5円)
<6479> ミネベア 51.4ドル 2827円 (-6円)
<6503> 三菱電 27.29ドル 1501円 (-4.5円)
<6586> マキタ 57.44ドル 6319円 (-1円)
<6645> オムロン 94.05ドル 10346円 (-34円)
<6702> 富士通 36.77ドル 20225円 (-75円)
<6723> ルネサス 5.34ドル 1175円 (-14円)
<6753> シャープ 3.23ドル 1421円 (-32円)
<6758> ソニーG 103.46ドル 11382円 (22円)
<6762> TDK 104.69ドル 11517円 (-53円)
<6902> デンソー 34.94ドル 7687円 (-23円)
<6954> ファナック 21.83ドル 24015円 (25円)
<6988> 日東電 37.89ドル 8337円 (-23円)
<7201> 日産自 10.51ドル 578円 (-0.5円)
<7202> いすゞ 12.8ドル 1408円 (16円)
<7203> トヨタ 174.23ドル 9584円 (-8円)
<7267> ホンダ 30.26ドル 3329円 (-13円)
<7270> SUBARU 9.22ドル 2029円 (-7.5円)
<7733> オリンパス 21ドル 2310円 (-1.5円)
<7741> HOYA 162.25ドル 17849円 (69円)
<7751> キヤノン 23.81ドル 2619円 (7.5円)
<7974> 任天堂 60.08ドル 52875円 (-25円)
<8001> 伊藤忠 60.04ドル 3303円 (-8円)
<8002> 丸紅 79.26ドル 872円 (-3.6円)
<8031> 三井物 442.66ドル 2435円 (6円)
<8053> 住友商 14.07ドル 1548円 (-6.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.45ドル 600円 (5.6円)
<8309> 三井トラスト 3.32ドル 3652円 (54円)
<8316> 三井住友 6.9ドル 3795円 (-6円)
<8411> みずほFG 2.78ドル 1529円 (-14円)
<8591> オリックス 93.69ドル 2061円 (9.5円)
<8604> 野村HD 4.78ドル 526円 (-7.6円)
<8766> 東京海上HD 48.78ドル 5366円 (-11円)
<8802> 菱地所 15.53ドル 1708円 (-13円)
<9432> NTT 26.77ドル 2945円 (9円)
<9735> セコム 18.83ドル 8286円 (-59円)
<9983> ファーストリテイ 65.71ドル 72288円 (-232円)
<9984> ソフトバンクG 28.26ドル 6218円 (37円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »