株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続伸、ファーストリテが1銘柄で約31円分押し上げ  9月01日12時45分

9月1日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり199銘柄、値下がり25銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は大幅続伸。357.27円高の28446.81円(出来高概算5億5763万株)で前場の取引を終えている。

8月31日の米株式市場でのNYダウは39.11ドル安(-0.11%)と小幅続落。8月の消費者信頼感指数やシカゴ購買部協会景気指数が予想を下回ったことに加え、月末の持ち高調整の売りが上値を抑えた。一方、金融緩和長期化への期待から下値は限定的だった。ナスダック総合指数は0.04%安と小幅に反落した。米主要株価3指数は揃って軟調に終わったものの、取引開始前に発表された4-6月期法人企業統計で設備投資が5四半期ぶりのプラスとなり、市場予想も上回ったことが好感され、本日の日経平均は89.50円高の28179.04円と小幅続伸でスタート。そのまま28445.13円まで大きく上値を伸ばした。その後一時伸び悩んだが、前場中頃からは再度騰勢を強め、28446.81円と本日の高値で前場を終えている。

個別では、キャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメントが8月半ば以降、ほぼ毎日買い増していると一部で伝わったコマツ<6301>が大幅高。上半期の業績・配当予想を上方修正したミライアル<4238>、半導体製造装置の大口受注を獲得した岡本工<6125>がそれぞれ急伸。また、大幅増配を発表した明和産業<8103>はストップ高買い気配となっている。一方、公募増資や売出を発表した日本電子<6951>、上方修正後の通期計画が市場予想に届かなかったトリケミカル<4369>、米系大手証券による格下げが観測されたイリソ電子<6908>などが大幅に下落。第1四半期が2桁の営業減益となったラクーンHD<3031>はストップ安となっている。

東証1部の主力では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、トヨタ<7203>、ソニーG<6758>、アドバンテスト<6857>などが堅調。任天堂<7974>、キーエンス<6861>、三菱UFJ<8306>、村田製<6981>、ファナック<6954>、ルネサス<6723>、NTT<9432>、SUMCO<3436>、塩野義<4507>、中外薬<4519>、エムスリー<2413>、神戸物産<3038>、安川電機<6506>、ANA<9202>、JAL<9201>、SMC<6273>などは大幅上昇。オムロン<6645>は大幅高で上場来高値を、太陽誘電<6976>は大幅高で年初来高値をそれぞれ更新している。一方、前日にまで賑わっていた海運大手や鉄鋼大手は利益確定売りで小休止となっている。

セクターでは、パルプ・紙、空運業、保険業などが上昇率上位で、ほぼ全面高。一方、海運業、鉄鋼の2業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の67%、対して値下がり銘柄は27%となっている。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約31円押し上げた。同2位はファナック<6954>となり、オムロン<6645>、エムスリー<2413>、ヤマハ<7951>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはオリンパス<7733>となり1銘柄で日経平均を約2円押し下げた。同2位は東エレク<8035>となり、DOWA<5714>、川崎汽船<9107>、コナミHD<9766>などがつづいた。

*11:30現在


日経平均株価  28446.81(+357.27)

値上がり銘柄数 199(寄与度+365.18)
値下がり銘柄数  25(寄与度-7.91)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    73400         880 +31.69
<6954> ファナック       24440         450 +16.21
<6645> オムロン        10820         440 +15.85
<2413> エムスリー       7559         158 +13.66
<7951> ヤマハ          6790         300 +10.80
<4543> テルモ          4669          72 +10.37
<9984> ソフトバンクG     6227          46 +9.94
<4503> アステラス薬     1907.5         50.5 +9.09
<6971> 京セラ          6968         122 +8.79
<6976> 太陽誘電         6480         240 +8.64
<4519> 中外薬          4385          77 +8.32
<9613> NTTデータ        2024          43 +7.74
<9433> KDDI           3405          35 +7.56
<7832> バンナムHD       7849         208 +7.49
<4063> 信越化         18400         195 +7.02
<6367> ダイキン        27595         190 +6.84
<6857> アドバンテ       9610          90 +6.48
<4021> 日産化学         6340         170 +6.12
<3659> ネクソン         2094          84 +6.05
<6301> コマツ          2813        150.5 +5.42

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格       前日比 寄与度
<7733> オリンパス       2296        -15.5 -2.23
<8035> 東エレク        47190         -50 -1.80
<5714> DOWA           4735         -95 -0.68
<9107> 川崎船          5370         -140 -0.50
<9766> コナミHD         6970         -10 -0.36
<4183> 三井化学         3750         -50 -0.36
<9101> 郵船           8780         -90 -0.32
<9008> 京王           5880         -40 -0.29
<4755> 楽天グループ      1145          -7 -0.25
<4689> ZHD           702.1        -14.9 -0.21
<9001> 東武           2851         -20 -0.14
<5401> 日本製鉄         2215         -33 -0.12
<9005> 東急           1509          -6 -0.11
<7201> 日産自           576         -2.5 -0.09
<9009> 京成           3380          -5 -0.09
<5411> JFEHD           1766         -19 -0.07
<9020> JR東日本         7420         -11 -0.04
<7261> マツダ           950          -5 -0.04
<7752> リコー          1119          -1 -0.04
<9007> 小田急          2562          -2 -0.04



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »