株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅続伸、ファーストリテとエムスリーが2銘柄で約48円分押し上げ  9月01日16時31分

9月1日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり196銘柄、値下がり28銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は大幅続伸。前日の米株式市場でのNYダウは39.11ドル安と小幅続落。8月の消費者信頼感指数などが予想を下回ったことに加え、月末の持ち高調整の売りが上値を抑えた。一方、金融緩和長期化への期待から下値は限定的だった。ナスダック総合指数は0.04%安と小幅反落。米株市場は軟調だったものの、前日の月末株安アノマリーを破った流れが引き継がれたほか、取引開始前に発表された4-6月期法人企業統計の内容を好感したことで、本日の日経平均は89.50円高の28179.04円と小幅続伸でスタート。そのまま28445.13円まで大きく上値を伸ばした。一時は伸び悩んだが、衆院選を巡る報道への思惑もあり、前場中頃からは再度騰勢を強め、前場は高値引けに。後場も堅調なアジア市場や政策期待などに支えられ、28500円を手前とした高値圏での推移が継続した。

大引けの日経平均は前日比361.48円高の28451.02円となった。東証1部の売買高は10億8266万株、売買代金は2兆7721億円だった。セクター別ではパルプ・紙、空運業、証券・商品先物取引業などが上昇率上位となった。一方、海運業、鉄鋼、陸運業の3業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の70%、対して値下がり銘柄は全体の24%であった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約29円押し上げた。同2位はエムスリー<2413>となり、ファナック<6954>、テルモ<4543>、オムロン<6645>、ヤマハ<7951>、太陽誘電<6976>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはリクルートHD<6098>となり1銘柄で日経平均を約4円押し下げた。同2位はオリンパス<7733>となり、コナミHD<9766>、京王<9008>、郵船<9101>、川崎船<9107>、小田急<9007>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  28451.02(+361.48)

値上がり銘柄数 196(寄与度+375.64)
値下がり銘柄数  28(寄与度-14.16)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    73350           830 +29.89
<2413> エムスリー       7612           211 +18.24
<6954> ファナック       24490           500 +18.01
<4543> テルモ          4694           97 +13.97
<6645> オムロン        10740           360 +12.96
<7951> ヤマハ          6790           300 +10.80
<6976> 太陽誘電         6530           290 +10.44
<6971> 京セラ          6983           137 +9.87
<6857> アドバンテ       9640           120 +8.64
<8035> 東エレク        47480           240 +8.64
<9613> NTTデータ        2029           48 +8.64
<4503> アステラス薬      1904           47 +8.46
<3659> ネクソン         2110           100 +7.20
<4063> 信越化         18400           195 +7.02
<4519> 中外薬          4372           64 +6.91
<4021> 日産化学         6360           190 +6.84
<7832> バンナムHD       7828           187 +6.73
<6367> ダイキン        27585           180 +6.48
<2502> アサヒ          5281           167 +6.01
<6506> 安川電          5530           150 +5.40

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<6098> リクルートHD      6458           -42 -4.54
<7733> オリンパス      2292.5           -19 -2.74
<9766> コナミHD         6930           -50 -1.80
<9008> 京王           5830           -90 -0.65
<9101> 郵船           8710          -160 -0.58
<9107> 川崎船          5360          -150 -0.54
<9007> 小田急          2536           -28 -0.50
<5714> DOWA           4775           -55 -0.40
<9009> 京成           3365           -20 -0.36
<8001> 伊藤忠          3303           -8 -0.29
<9104> 商船三井         8430           -70 -0.25
<4755> 楽天グループ      1145           -7 -0.25
<9001> 東武           2839           -32 -0.23
<5401> 日本製鉄         2203           -45 -0.16
<8697> JPX         2614.5          -4.5 -0.16
<9005> 東急           1507           -8 -0.14
<7201> 日産自         575.4        -3.1 -0.11
<5411> JFEHD           1764           -21 -0.08
<4183> 三井化学         3790           -10 -0.07
<7269> スズキ          4754           -2 -0.07



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »