株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~いったんは達成感意識されるも押し目買い意欲は強い~  9月02日08時39分

2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:いったんは達成感意識されるも押し目買い意欲は強い
■内田洋、22/7予想 48.9%減 53.0億円、コンセンサス届かず
■前場の注目材料:トヨタ、年度生産は維持、部品不足直撃も来月から挽回へ


■いったんは達成感意識されるも押し目買い意欲は強い

2日の日本株市場は、急ピッチの上昇に対する利食いを意識しつつも、底堅い相場展開が見込まれる。1日の米国市場ではNYダウが48ドル安だった。予想を下回った8月のADP雇用統計が嫌気された。8月ISM製造業景況指数が予想外に上昇したため警戒感が後退し、売りが一段落したものの、9月相場入りで利益確定売りも根強くダウは終日軟調に推移。一方、ハイテク株は引き続き強く、ナスダックは連日で史上最高値を更新した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の28535円。円相場は1ドル110円00銭水準で推移している。

米国市場はまちまちだったものの、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い先行で始まろう。日経平均は節目の28500円を回復してくるようだと、いったんは達成感が意識されやすく、利益確定の動きが出やすいだろう。しかし、前日の上昇で一気に75日線を突破してきたことから需給は改善しているため、75日線を支持線に押し目買い意欲は強そうだ。

また、米国ではナスダックが史上最高値を更新していることもあり、ハイテク株の物色に向かいやすく、指数インパクトの大きい値がさハイテク株辺りが日経平均を下支えしそうだ。バリューからグロースへのシフトも意識されてくる可能性があり、より日経平均型のインデックス買いなども期待されよう。先物市場ではクレディスイスなどのショートカバーへの思惑が高まっているが、足元ではそれ程ショートカバーの動きは目立っていない。そのため、節目の28500円突破からの底堅い値動きを続けてくるようだと、先物主導で上昇ピッチが強まる展開も。

マザーズ指数は75日線水準での推移を見せているが、これを明確に上放れてくるようだと、リバウンド基調が一段と強まりやすい。週末の米雇用統計への警戒から手控えムードが強まる局面においては、値動きの軽い材料株のほか、出遅れ感の強い中小型株での短期的な値幅取り狙いの売買が中心となろう。また、衆院選を巡り政策絡みの報道が増えているなかでは追加経済対策などへの期待感は高まりやすく、テーマ性のある銘柄などへも引き続き物色の矛先が向かいやすい。


■内田洋、22/7予想 48.9%減 53.0億円、コンセンサス届かず

内田洋<8057>の2022年7月期業績は、売上高が前期比27.8%減の2100億円、営業利益が同48.9%減の53億円を計画しており、コンセンサス(55億円~63億円程度)に届かず。2020年7月期のWindows10更新需要と教育ICT大型案件や、2021年7月期の学校市場におけるGIGAスクール構想等の教育ICT案件など、期間が限られた一時的な増収要因の反動を見込む。ただし、顧客基盤が広がり各事業での競争力も向上していることから、特需を除いたベースラインは堅実に今後も伸長できると考えているようだ。


■前場の注目材料

・日経平均は上昇(28451.02、+361.48)
・ナスダック総合指数は上昇(15309.38、+50.15)
・シカゴ日経先物は上昇(28535、大阪比+45)
・VIX指数は低下(16.11、-0.37)
・米原油先物は上昇(68.59、+0.09)
・米長期金利は低下
・海外コロナワクチン接種の進展
・日銀は金融緩和を長期化
・株価急落時の日銀ETF買い


・トヨタ<7203>年度生産は維持、部品不足直撃も来月から挽回へ
・イオン<8267>マックスバリュ西日本とフジ合併、中四国で規模拡大
・三菱UFJ<8306>大ガス・NTTアノード、再生エネで2000億円ファンド
・JR西<9021>2786億円調達、民営化後初の公募増資
・東芝<6502>量子技術、実用化加速、トヨタなど、新産業創出協議会を設立
・SUBARU<7270>国内3工場を一時停止、東南ア、調達に支障
・スズキ<7269>印で4輪大幅減産、半導体不足の影響
・ヤマハ発<7272>ヤマハ発など、自動運転EV開発、搬送サブスク提供
・住友ゴム<5110>防舷材など品質管理の国際認証停止
・安川電<6506>「YTC」稼働、開発集約、世界一にこだわる
・NTT<9432>欧米・印にDC13棟新設、来年度末
・オリンパス<7733>VE推進で新組織、部門横断、医療機器の開発力強化
・大日住薬<4506>英グループ会社を売却、「ラツーダ」継続供給
・日立金属<5486>欧で高機能電線拡販、高速鉄道の運行・保守向け
・三井化学<4183>「世界市場」に出資、農産物輸出拡大で連携


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 8月マネタリーベース(7月:前年比+15.4%)
・10:30 片岡日銀審議委員あいさつ(午後会見予定)

<海外>
・10:30 豪・7月貿易収支(予想:+100.00億豪ドル、6月:+104.96億豪ドル)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »