株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

PSSが9日続伸、アルツハイマー病診断システムを共同開発へ  9月02日09時12分

 プレシジョン・システム・サイエンス<7707.T>は9日続伸となっている。1日の取引終了後、福島県立医科大学の橋本康弘名誉教授と「アルツハイマー病診断システム」を共同開発することで合意したと発表しており、これが好感されているようだ。

 両者は18年から実施したAMED先端計測分析技術・機器開発プログラム「脳脊髄液産生マーカーによる脳脊髄液漏出症の診断法の開発」の中で、脳脊髄液漏洩症の診断システムを共同開発した経緯と実績がある。今回、同社の新規技術と橋本名誉教授の糖鎖・レクチン反応測定特許技術を連係させたアルツハイマー病診断システムを共同開発するという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
フジが3日続伸、MV西日本と経営統合へ◇
ディディエス続伸、汗孔と隆線を使った認証アルゴリズムに関する特許がすべて権利化
クシムは売り優勢、ブロックチェーン関連コンテンツ取得も前日S高の反動


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »