株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:鹿島やキッコーマンなどに注目  9月03日09時08分

2日の米国市場では、NYダウが131.29ドル高の35443.82、ナスダック総合指数が21.80pt高の15331.18で連日の史上最高値更新。シカゴ日経225先物は大阪日中比140円高の28610円。3日早朝の為替は1ドル=109.90-00円(昨日午後3時は109.97円)。本日の東京市場では、米国株の高値追いから東エレク<8035>やアドバンテス<6857>、ソニーG<6758>など大型ハイテク株が堅調に推移しよう。また、第4四半期が大幅な減収減益となったものの計画値を上振れ、また22年7月期も増収増益見通しとしたアルチザ<6778>、第1四半期が大幅増益となったアインHD<9627>なども注目そうだ。そのほか、前日は利益確定売りが優勢となった日本製鉄<5401>やJFEHD<5411>などの大手鉄鋼株にも押し目買いが向かいそうだ。反面、8月の国内ユニクロ売上高(既存店)が前年同月比38.9%減と大幅に落ち込んだファーストリテ<9983>は軟調が予想される。他方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された鹿島<1812>、キッコーマン<2801>、三菱ケミHD<4188>、JMDC<4483>、東和薬品<4553>、サワイグループHD<4887>、日本製鉄<5401>、神戸製鋼所<5406>、JFE<5411>、リンナイ<5947>、NITTOKU<6145>、日本郵政<6178>、住友重機械工業<6302>、荏原<6361>、ダイキン<6367>、安川電機<6506>、横河電機
<6841>、朝日インテック<7747>、あおぞら銀行<8304>、MS&AD<8725>、丸和運輸機関<
9090>、住友倉庫<9303>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »