株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般しっかり、シカゴは大阪比140円高の28610円~  9月03日07時55分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、富士通<6702>、資生堂<4911>、コマツ<6301>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル109.94円換算)で全般しっかり。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の28610円。

米国株式市場は上昇。ダウ平均は131.29ドル高の35443.82ドル、ナスダックは21.80ポイント高の15331.18で取引を終了した。新規失業保険申請件数がパンデミック以降で最小となったため雇用回復への期待感から寄り付き後、上昇。原油高を受けてエネルギー関連が堅調でさらに、小売りも強く、ダウは終日堅調に推移した。ハイテクも引き続き強く、ナスダック総合指数は連日史上最高値を更新し終了。

2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円09銭まで上昇後、109円93銭へ反落し、109円94銭で引けた。週次新規失業保険申請件数が予想以上に減少し、パンデミック以降で最小となったためドル買いが優勢となった。その後、8月雇用統計で新型コロナウイルス変異株リスクにより、雇用の伸びが予想程拡大しないとの懸念や第3四半期の成長減速予想を受けてドル売りが再燃した。ユーロ・ドルは1.1837ドルまで下落後、1.1876ドルまで上昇して1.1876ドルで引けた。ユーロ圏のPPIが予想以上に伸び、ECBが速やかに金融刺激策を削減するとの見方にユーロ買いが強まった。

NY原油先物10月限は堅調推移(NYMEX原油10月限終値:69.99 ↑1.40)。


■ADR上昇率上位銘柄(2日)
<5631> 日製鋼 12.56ドル 2762円 (76円) +2.83%
<8309> 三井トラスト 3.41ドル 3749円 (77円) +2.1%
<6479> ミネベア 52.99ドル 2913円 (42円) +1.46%
<6301> コマツ 25.48ドル 2801円 (36円) +1.3%
<6976> 太陽電 244.94ドル 6732円 (72円) +1.08%


■ADR下落率上位銘柄(2日)
<5802> 住友電 13.03ドル 1433円 (-42円) -2.85%
<5332> TOTO 55.43ドル 6094円 (-176円) -2.81%
<6952> カシオ 153.27ドル 1685円 (-48円) -2.77%
<6471> 日精工 13.65ドル 750円 (-18円) -2.34%
<8604> 野村HD 4.83ドル 531円 (-8.5円) -1.58%


■その他ADR銘柄(2日)
<1925> 大和ハウス 31.42ドル 3454円 (12円)
<1928> 積水ハウス 20.45ドル 2248円 (17.5円)
<2503> キリン 18.41ドル 2024円 (2円)
<2802> 味の素 30.06ドル 3305円 (8円)
<3402> 東レ 13.7ドル 753円 (1.1円)
<3407> 旭化成 20.84ドル 1146円 (6円)
<4523> エーザイ 82.98ドル 9123円 (-12円)
<4901> 富士フイルム 84.6ドル 9301円 (58円)
<4911> 資生堂 68.87ドル 7572円 (32円)
<5108> ブリヂストン 23.08ドル 5075円 (12円)
<5201> AGC 9.78ドル 5379円 (-71円)
<5332> TOTO 55.43ドル 6094円 (-176円)
<5802> 住友電 13.03ドル 1433円 (-42円)
<6301> コマツ 25.48ドル 2801円 (36円)
<6479> ミネベア 52.99ドル 2913円 (42円)
<6503> 三菱電 27.48ドル 1511円 (4円)
<6586> マキタ 59.97ドル 6593円 (33円)
<6645> オムロン 98.72ドル 10853円 (43円)
<6702> 富士通 37.47ドル 20597円 (47円)
<6723> ルネサス 5.74ドル 1262円 (-10円)
<6758> ソニーG 105.42ドル 11590円 (-10円)
<6762> TDK 107.14ドル 11779円 (29円)
<6902> デンソー 35.57ドル 7821円 (39円)
<6954> ファナック 22.56ドル 24797円 (82円)
<6988> 日東電 39.05ドル 8586円 (36円)
<7201> 日産自 10.27ドル 565円 (5.9円)
<7203> トヨタ 176.24ドル 9688円 (38円)
<7267> ホンダ 30.46ドル 3349円 (9円)
<7270> SUBARU 9.25ドル 2034円 (-5.5円)
<7733> オリンパス 21.31ドル 2343円 (16円)
<7741> HOYA 165.56ドル 18202円 (52円)
<7751> キヤノン 24.05ドル 2644円 (19.5円)
<7974> 任天堂 61.94ドル 54477円 (-213円)
<8001> 伊藤忠 60.21ドル 3310円 (5円)
<8002> 丸紅 80.52ドル 885円 (5.6円)
<8031> 三井物 447.11ドル 2458円 (12円)
<8053> 住友商 14.3ドル 1572円 (8.5円)
<8306> 三菱UFJ 5.5ドル 605円 (4円)
<8309> 三井トラスト 3.41ドル 3749円 (77円)
<8316> 三井住友 6.96ドル 3826円 (3円)
<8411> みずほFG 2.84ドル 1561円 (-4.5円)
<8591> オリックス 95.8ドル 2106円 (8.5円)
<8604> 野村HD 4.83ドル 531円 (-8.5円)
<8766> 東京海上HD 50.14ドル 5512円 (27円)
<8802> 菱地所 15.8ドル 1737円 (8円)
<9202> ANA 4.7ドル 2584円 (-10.5円)
<9432> NTT 27.71ドル 3046円 (7円)
<9735> セコム 19.07ドル 8386円 (10円)
<9983> ファーストリテイ 65.7ドル 72231円 (-969円)
<9984> ソフトバンクG 28.08ドル 6174円 (15円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »