株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比435円高の29595円~  9月06日06時38分

ADR(米国預託証券)の日本株は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、デンソー<6902>、富士フイルム<4901>、富士通<6702>、資生堂<4911>、コマツ<6301>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル109.71円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比435円高の29595円。

ダウ平均は74.73ドル安の35,369.09ドル、ナスダックは32.34ポイント高の15,363.52で取引を終了した。8月雇用統計の雇用者数が予想を大幅に下回る伸びに留まったため、景気回復ペースの減速を警戒した売りが広がり、寄り付き後、下落。同時に賃金が予想以上の上昇を示したため、高インフレへの懸念も再燃し特に景気循環株が売られ、ダウは終日軟調に推移した。一方、ハイテク株の買いは根強く、ナスダック総合指数は連日史上最高値を更新し終了。

3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、109円97銭から109円59銭まで下落し、109円72銭で引けた。この日発表された8月米雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びは市場予想を大幅に下回ったことから、米連邦準備制度理事会(FRB)が9月連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和縮小計画を発表するとの思惑は後退し、ドル売りに拍車がかかった。しかしながら、その後発表された米8月ISM非製造業景況指数は予想を上回ったこと、8月雇用統計で平均時間給の伸びが予想を上回ったことから、長期金利が上昇に転じると、ドルは下げ止まった。ユーロ・ドルは1.1909ドルまで上昇後、1.1866ドルまで下落して1.1877ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)がパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模削減を第3四半期から開始するとの思惑がユーロを押し上げた。

3日のNY原油先物10月限は反落(NYMEX原油10月限終値:69.29 ↓0.70)。


■ADR上昇率上位銘柄(3日)
<6952> カシオ 165.79ドル 1819円 (52円) +2.94%
<8309> 三井トラスト 3.49ドル 3829円 (105円) +2.82%
<6954> ファナック 23.79ドル 26100円 (530円) +2.07%
<7201> 日産自 10.6ドル 581円 (11.4円) +2%
<6301> コマツ 26.3ドル 2885円 (55円) +1.94%


■ADR下落率上位銘柄(3日)
<5201> AGC 9.73ドル 5337円 (-143円) -2.61%
<5802> 住友電 13.26ドル 1455円 (-39円) -2.61%
<7752> リコー 9.98ドル 1095円 (-29円) -2.58%
<6460> セガサミーHD 3.48ドル 1527円 (-20円) -1.29%
<3401> 帝人 14.49ドル 1590円 (-15円) -0.93%


■その他ADR銘柄(3日)
<1925> 大和ハウス 32.24ドル 3537円 (51円)
<1928> 積水ハウス 21ドル 2304円 (40円)
<2503> キリン 18.86ドル 2069円 (19円)
<2802> 味の素 30.82ドル 3381円 (27円)
<3402> 東レ 14.07ドル 772円 (11.9円)
<3407> 旭化成 21.26ドル 1166円 (16.5円)
<4523> エーザイ 85.1ドル 9336円 (61円)
<4901> 富士フイルム 86ドル 9435円 (104円)
<4911> 資生堂 70.99ドル 7788円 (112円)
<5108> ブリヂストン 23.86ドル 5235円 (78円)
<5201> AGC 9.73ドル 5337円 (-143円)
<5802> 住友電 13.26ドル 1455円 (-39円)
<6301> コマツ 26.3ドル 2885円 (55円)
<6479> ミネベア 53.5ドル 2935円 (18円)
<6503> 三菱電 28.3ドル 1552円 (21.5円)
<6586> マキタ 61.88ドル 6789円 (89円)
<6645> オムロン 103.63ドル 11369円 (189円)
<6702> 富士通 38.43ドル 21081円 (216円)
<6723> ルネサス 5.91ドル 1297円 (8円)
<6758> ソニーG 108.25ドル 11876円 (-4円)
<6762> TDK 112.38ドル 12329円 (179円)
<6902> デンソー 36.5ドル 8009円 (140円)
<6954> ファナック 23.79ドル 26100円 (530円)
<6988> 日東電 40.58ドル 8904円 (134円)
<7201> 日産自 10.6ドル 581円 (11.4円)
<7202> いすゞ 13.45ドル 1476円 (27円)
<7203> トヨタ 179.27ドル 9834円 (78円)
<7267> ホンダ 30.82ドル 3381円 (0円)
<7270> SUBARU 9.42ドル 2067円 (19円)
<7733> オリンパス 22.07ドル 2421円 (36円)
<7741> HOYA 166.18ドル 18232円 (217円)
<7751> キヤノン 24.4ドル 2677円 (24円)
<7974> 任天堂 61.9ドル 54328円 (8円)
<8001> 伊藤忠 61.8ドル 3390円 (46円)
<8002> 丸紅 82.92ドル 910円 (13.3円)
<8031> 三井物 456.96ドル 2507円 (34円)
<8053> 住友商 14.5ドル 1591円 (18.5円)
<8267> イオン 27.16ドル 2980円 (-17円)
<8306> 三菱UFJ 5.65ドル 620円 (11.4円)
<8309> 三井トラスト 3.49ドル 3829円 (105円)
<8316> 三井住友 7.1ドル 3895円 (25円)
<8411> みずほFG 2.89ドル 1585円 (8.5円)
<8591> オリックス 97.68ドル 2143円 (23.5円)
<8604> 野村HD 5.13ドル 563円 (1.3円)
<8766> 東京海上HD 51.36ドル 5635円 (92円)
<8802> 菱地所 16.2ドル 1778円 (19.5円)
<9432> NTT 28.6ドル 3138円 (31円)
<9735> セコム 19.45ドル 8535円 (72円)
<9983> ファーストリテイ 68.88ドル 75568円 (938円)
<9984> ソフトバンクG 28.54ドル 6262円 (62円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »