株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=256円高、朝方3万円大台回復後に伸び悩むも7日続伸  9月07日15時50分

 7日の東京株式市場は前週から続くリスク選好の流れが継続、日経平均株価は朝方にフシ目の3万円大台を回復する場面があった。ただ、その後は利益確定の売りが出て上値が重くなった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比256円25銭高の2万9916円14銭と7日続伸。東証1部の売買高概算は12億5738万株、売買代金概算は3兆4335億円。値上がり銘柄数は1477、対して値下がり銘柄数は602、変わらずは110銘柄だった。

 きょうの東京市場は寄り付きからリスクを取る動きが優勢で、高く始まった後もじりじりと水準を切り上げ朝方に3万円大台回復を果たした。前日の米国株市場はレーバーデーの祝日で休場だったが、欧州株市場が全面高に買われていたことが市場心理を強気に傾けた。国内での新型コロナ感染拡大ペースが下火となったこともプラスに働いた。緊急事態宣言が期間延長となる見通しとなったが、自民党総裁選を控え新政権下での経済対策などに対する期待が、買いを後押しした。ただ、日経平均は前日までの6営業日で2000円強の上昇をみせていることもあって過熱感も意識されており、朝方に3万円トビ台できょうの高値をつけてからは利益確定売りに伸び悩んだ。全体の67%の銘柄が上昇し、売買代金は3兆4000億円台と高水準だった。

 個別では、売買代金で断トツとなったソフトバンクグループ<9984.T>が大幅高となったほか、任天堂<7974.T>が堅調、村田製作所<6981.T>、キーエンス<6861.T>も大きく買われた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>などメガバンクもしっかり。JR東日本<9020.T>も買いが優勢だった。東京機械製作所<6335.T>が連日のストップ高となったほか、関西スーパーマーケット<9919.T>、NIPPO<1881.T>、ACCESS<4813.T>なども値幅制限いっぱいに買われた。

 半面、日本郵船<9101.T>が上昇一服、ファーストリテイリング<9983.T>も値を下げた。オリエンタルランド<4661.T>が値を下げ、日立製作所<6501.T>、アドバンテスト<6857.T>なども軟調。東洋製罐グループホールディングス<5901.T>、日清紡ホールディングス<3105.T>が急落、ZOZO<3092.T>も大幅安。ヤクルト本社<2267.T>の下げも目立った。明和産業<8103.T>も利食われた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位に日清紡HD
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で伸び悩む
東京株式(前引け)=続伸、買い一巡後伸び悩むも商い活況


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »