株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:日本ハムや良品計画などに注目  9月09日09時11分

8日の米国市場では、NYダウが68.93ドル安の35031.07、ナスダック総合指数が87.69pt安の15286.64、シカゴ日経225先物が大阪日中比170円安の29960円。9日早朝の為替は1ドル=110.20-30円(昨日午後3時は110.40円)。本日の東京市場では、フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の下落も背景に、昨日までの連騰の反動からレーザーテック<6920>やアドバンテス<6857>など半導体関連株の軟化が予想される。反面、ここ数日騰勢一服となっている日本郵船<9101>など大手海運株には改めて物色が向かうことが予想される。また、米原油先物高から三菱商<8058>、三井物<8031>も堅調となりそうだ。そのほか、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された日本ハム<2282>、サッポロHD<2501>、サントリー食品インターナショナル<2587>、ウエルシアHD<3141>、三井化学<4183>、東京応化工業<4186>、三菱ケミHD<4188>、ADEKA<4401>、セガサミーHD<6460>、良品計画<7453>、パンパシHD<7532>、ニコン<7731>、タムロン<7740>、丸紅<8002>、三菱商事<8058>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、アイフル<8515>、三井不動産<8801>、日立物流<9086>、関西電力<9503>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »