株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:続伸、EC業界の再編期待、ボリンジャーバンド+2σ超えが争点  9月14日08時25分

本日のマザーズ先物は続伸が予想される。13日の米国株式市場は、与党民主党が独自の3.5兆ドル規模の歳出法案の中で検討している法人税などの税率が、バイデン米大統領の提示した水準を下回ったため安心感が広がり、寄り付き後、上昇。先週の下落後、押し目買い意欲も強く、ダウは終日堅調に推移した。一方、ハイテク株は利益確定売りが続きナスダックは小幅安。本日のマザーズ先物は米国市場やナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ、続伸でのスタートが予想される。国内では、ZHD<4689>
による出前館<2484>への第3者割当が発表されており、EC業界の再編への思惑が高まることが予想され、BASE<4477>などEC関連銘柄の動意が期待されよう。日足チャートでは、直近のチャートでは抜け切れていない、ボリンジャーバンド+2σを超えて引けるかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1190.0pt、下値のメドは1125.0ptとする。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »