株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トクヤマが続伸、パナソニックと副生水素を用いた純水素型燃料電池の実証を開始◇  9月14日14時07分

 トクヤマ<4043.T>が続伸している。午後1時40分ごろ、パナソニック<6752.T>と副生水素を用いた純水素型燃料電池の実証を開始したと発表しており、これが好材料視されている。

 トクヤマの徳山製造所(山口県周南市)で発生する副生水素を用いた実証で、実証機はパナソニックが開発する6台の純水素型燃料電池を1つのユニットに収めたシステム構成。水素の供給配管や熱配管、電力出力ラインなどを集約してユニットに接続し、6台の純水素型燃料電池を1つのシステムとして稼働させる連携制御を実現する。なお、純水素型燃料電池の6台連携制御の実証は国内初となる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
「アンモニア」が3位にランクイン、カーボンニュートラルで脚光<注目テーマ>
アイ・テックは一時S高、収益率改善で第1四半期営業益は大幅増益
任天堂が軟調、欧州で「スイッチ」を値下げと報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »