株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「パワー半導体」が18位、個別材料相次ぎテーマ人気再燃<注目テーマ>  9月15日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 デジタルトランスフォーメーション
2 アンモニア
3 半導体
4 再生可能エネルギー
5 脱炭素
6 サイバーセキュリティ
7 半導体製造装置
8 全固体電池
9 水素
10 電気自動車関連

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「パワー半導体」が18位となっている。

 昭和電工<4004.T>は13日、ローム<6963.T>とパワー半導体向けSiC(炭化ケイ素)エピタキシャルウエハーに関する長期供給契約を締結したと発表した。会社側では、SiCエピウエハーの性能向上に向けたロームとの技術的な協力関係を更に強化するものになるとしており、これを受けて翌14日の同社株は大幅高に買われた。

 今月に入り、パワー半導体関連で好材料を手掛かりにした個別物色が目立っている。Mipox<5381.T>は7日、次世代パワー半導体材料として期待されるダイヤモンドウエハーのエッジ研磨加工サービスを提供開始したと発表、一時10%高の1199円に買われ年初来高値を更新した。精密切断加工機を主力とするタカトリ<6338.T>は、8日にパワー半導体向けSiC材料切断加工装置の大口受注があったことを明らかにし、翌9日に出来高を伴い一時15%高と急騰しマーケットの耳目を集めた。

 直近、こうした個別の材料が相次いだこともあり、ここ投資テーマとしての「パワー半導体」に対する関心も再び高まりをみせてきた。関連銘柄としては前述した銘柄に加え、三菱電機<6503.T>や富士電機<6504.T>、サンケン電気<6707.T>をはじめ、フェローテックホールディングス<6890.T>、新電元工業<6844.T>など。また、タムラ製作所<6768.T>やトレックス・セミコンダクター<6616.T>、三社電機製作所<6882.T>、テクノアルファ<3089.T>などもマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<09月14日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>
午前:債券サマリー 先物は反発、新発10年債の取引成立せず
東京株式(前引け)=反落、米株安受け利益確定売りが優勢に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »