株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ファーマFが5日ぶり反発、三洋化と「アグリ・ニュートリション基本計画」を策定  9月17日12時57分

 ファーマフーズ<2929.T>が5日ぶりに反発している。16日の取引終了後、三洋化成工業<4471.T>と両社の開発・技術力を融合させた「アグリ・ニュートリション基本計画」を策定したと発表しており、これが好材料視されている。

 同計画は、世界の農業危機をバイオテクノロジーで救うのが狙い。三洋化成の界面制御技術とファーマFの発酵抽出技術の融合により、バイオスティミュラントを活用した新たなペプチド農業を確立し、宮崎県新富町で農業支援を本格展開するとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アスクルが大幅反発、第1四半期営業利益は9%増で過去最高益更新
電算が大幅反発、上期業績予想を営業黒字に上方修正
ジャックスが後場カイ気配スタート、22年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »